タグ別アーカイブ: 報道バズ

Yahoo! JAPAN ニュースに「報道バズ」(via DANRO)

主演とプロデューサーを務める新ドラマ「報道バズ」についてのインタビューを、ウェブメディア「DANRO」さんにて記事にしていただきました。ヤフーニュースにも載せていただいたので、ぜひご覧ください!

YahooJapanNewsSS

ニューヨークの映像製作チーム「Derrrrruq!!! (デルック)」の一員として製作している社会派連続ドラマ「報道バズ」。

ただいま残りの制作費を募るクラウドファンディング・キャンペーン中です。作品の内容、素晴らしいキャストやクルーの紹介、クラウドファンディングという形で皆様にご協力をお願いするに至った経緯など、詳細はこちらのリンク先のキャペーンページに書きました。
http://kck.st/2u8rx8o

11日の夜にキャンペーンを開始してから、おかげさまで調達額は6000ドル(約68万円)を超えました。

報道バズには、川出、近藤、そして私の3人で4年間の全てを注いでまいりました。こうして皆様に作品について知って頂くに至り、ご支援まで賜われるところまでやってまいりましたことに、一同感謝の気持ちしかありません。作品を世に出すための責任を強く感じるとともに、ご期待と、温かいご支援にお応えできるよう、今後とも尽力してまいります。

DANROさんのコンセプトは「ひとりを楽しむメディア」です。ひとりになる自由があることも、私がニューヨークを好きな理由の一つです。DANROさんの他の記事も面白いのでぜひぜひご覧ください

ニューヨーク発・連続ドラマ「報道バズ」

本日は、お知らせがございます。Eng_final.png

ニューヨーク在住日本人の仲間たちと完成させたウェブドラマ「二アべ(2nd アベニュー)」から4年以上経ちましたが、この間、川出真理、近藤司、そして私という同じメンバーは、この映像制作チームを「Derrrrruq!!! (デルック)」と名付け、二アベと同じく日米合作の新しいドラマを製作してきました。

ドラマの名前は、「報道バズ」です。

HodoBuzzOpeningLogo

「報道バズ」は、新人ジャーナリストとなる主人公​​と、彼女を取り巻く個性派揃いの登場人物たちの目線を通して、メディアの在り方、女性の生き方、社会が押し付けてくる “〇〇らしさ”(男らしさ、女らしさ、日本人らしさ、年相応など)に対し問いを投げかける社会派エンターテイメント作品です。

私はプロデューサーのひとりとして製作をしてきただけではなく、「女子アナ」と呼ばれながらバラエティー中心の仕事をしていた日本のテレビ局を辞めて、長年の夢であった報道に携わるためニューヨークのニュースアプリ会社に転職する主人公・和田明日香を演じています。​

HodoBuzz_1

構想、準備、撮影、ポストプロダクションに至るまで、​日米多くの方々にご協力をいただいてきた本作は現在、完成配信のためのクラウドファンディングキャンペーンをキックスターター上で行っています。

こちらのキャンペーンサイトで、プロモーションビデオ、あらすじ、作品概要、私たちが作品に込めた想い、キャスト・スタッフたちの紹介をしております。プロモーションビデオだけでなく、番組予告編の映像も初公開しているのでぜひご覧いただけると嬉しいです。

HodoBuzzKS12hours

(昨夜のキャンペーン開始から半日経った7月11日現在)

 

​「報道バズ」は​、​メディアのタブーと戦うジャーナリストの物語です。

それと同時に、何をするにも「女のくせに」「女だから」「女らしく」を投げつけてくる社会を必死で生き抜く、一人の人間のストーリーです。

 

HodoBuzzCollage

デルックとしては2回目となるクラウドファンディング。私たちが選んだサイトは、前回と同じ「購入型」のクラウドファンディングプラットフォーム「キックスターター」です。前回と違うのは、昨年9月に日本でもサービスが開始され、お手続きが日本のクレジットカードを使い日本語で容易にできるようになった点です。ご支援いただく額に応じて、ささやかですがリワード(お返し)もご用意させていただきました。

すでに多くの皆様には、ゼロから始めた報道バズの製作過程において、また前作の二アベにおいても、たくさんのご支援をいただいてきました。重ねてお礼を申し上げます。

本作を完成させて世に出すため、「報道バズ」キックスターターキャンペーンを通して、ファンディング、情報拡散など、ご支援ご協力をいただけるととても嬉しいです。ご検討の程何卒よろしくお願いします。

追記(7/13):番組予告編はこちらでもご覧いただけます!