タグ別アーカイブ: 動物

宮島の鹿さんと初詣

日本回想記2。

うさぎ島に行ったついでに広島へ。今年の初詣は、贅沢にも厳島神社でしたー。
厳島神社

↓この1文字は何だ!?苔?金?壁? 魚は「捕る」だし。まさか、「暖」?でも鳥居は寒そうね、などと考え続けたのですが、「大鳥居の内側でを取ってはいけません」だと後から友人が教えてくれました。

その1文字はなあに人ごみの影でお休みになる宮島の鹿さん。鹿ファミリー@宮島♡♡♡♡

人間だったらポルノスターレベル。広島牡蠣えーっと、おみくじには当たらなかったけど、牡蠣には当たりました。もうね、新年早々、ベタすぎるネタですよね(遠い目)。

念のため弁護しておくと、お店の衛生管理とか牡蠣の新鮮さとかは関係ないそうです。最後の晩餐これでもいいわ…!というくらい美味しかったです。

☆☆☆

さて、宮島でちょっと考えたことがあります。それは、鹿さんについてです。

鹿は見守りましょう宮島ではもう何年も鹿への餌やりが禁止になっています。鹿せんべいの販売もしていません。

ところが、鹿たちは、長年の餌付けによって人里にいついてしまっている。

結果、腹ぺこのあまり、観光客に必死に餌をねだりに寄ってきて、じゃけんに扱われたり、ゴミや食べ残しをもらって食べていた。そんな鹿たちの姿を見るのはせつなかったです。

近くには原爆ドームもあるし、弥山は世界遺産としても名高いし、国内だけでなく国外からの観光客もたくさん訪れる宮島。世界に誇れる日本の窓とも言うべき素晴らしい場所で、これか…と、正直おどろきました。鹿を楽しみに来る人もいると思うのだけど。

鹿スマイル県外国外の者の素人目線かもしれないけど、「野生」を言い訳にして悲惨な状況をほったらかしにしているように見えて、とても残念でした。広島のみなさんはどう思っているのだろうか。

「餌やり禁止」の措置は、鹿と人間の生活圏の境界線をあらためて引き直す第一歩として重要だったのかもしれませんが、それだけでは不十分だと思うし、そもそもまったく徹底されていないため、もはや必要なのかどうかさえ怪しいと思いました。餌やり禁止と同時に、みんなで協力して鹿たちをスムーズに森に返すような対策や、それが難しいなら、人里に住み着いてしまった分の鹿たちだけでも去勢して保護するなどの、長期的で総合的な対策が立てられなかったのか…。

そのくせ、鹿のツノが危ない!観光客がケガをするかも!とかって、そこは簡単に「野生」の境界を飛び越えてゴリゴリ切ったりしているわけで、ちょっと筋が通らないんじゃないかしら。

前回のうさぎ島もですが、動物との付き合い方について、もんもんと自問を繰り返した広島滞在記でした。

ベッドバグ・エキスパートの訪問

Inspection Specialist, Miki with Arcビーグル犬のミッキ君がおうちに来てベッドバグの検査をしてくれました。結果は…

白でした。

1ヶ月ほど悩みだった原因不明の皮膚炎はお薬で治り、数週間前に予約したミッキ君の太鼓判によって、これにて疑いが晴れました。

ああ、なんて晴れ晴れしたすがすがしい気分なのだろう。

このうれしさを、ベッドバグの恐怖で眠れぬ夜を体験していないみなさまにもおわかりいただますでしょうか。

あらためまして、「ベッドバグ(Bedbug)」とは、日本語で「トコジラミ」とか「南京虫」とかいうあの方々です。

成虫はリンゴのタネくらいの大きさでノロノロ歩くので目視が可能(画像はあえて載せません)。名前通りベッドのマットレスの角っこや洋服やソファーなどの布系の他、床や壁や電気機器の隙間などに大家族でお住まいです。

ちょっとこんなパブリックな場で公開するのはどうかなーと思ったのですが、なんだかここ数年でニューヨーク中にものすごく増えているという話をミッキ君の付き人のアークさんが言っていたのでポストしてみます。

ミッキ君は同じ日に他に3件のご近所アパートを検査する予定が入っていて、1月の半ばまで予約でいっぱいだそうです。みんな決して話さないけどけっこう被害に遭っている模様です。

もしもベッドバグがアパートにいた場合はたいへんです。

衣類、寝具など洗えるものはすべて高温で洗濯乾燥し、
家の隙間という隙間&モノというモノに殺虫スプレーを撒き、
本などもビニール袋で全て密封して殺菌消毒し、
ドライヤーの熱風をあてまくり、
掃除機をかけまくり、

それでも卵たちは死なないということで、この大騒ぎを一定の間隔で数回繰り返す必要があるそうです。

自分のだけじゃなくて同じビルの周りのアパートにも影響が及びます。悪夢です。バルサン的なスモーク攻撃は効きません。

自宅がベッドバグの巣窟と化した友人は、ベッドの下の本雑誌などを捨て、マットレスも捨て、ベッドの枠組みも捨て、ソファーも捨て、洋服も洗えない者は捨て、まあつまり、全て捨てたそうです。

この友人の体験は珍しいことではなく、もうね、でるわでるわ、世にも恐ろしいベッドバグ・ホラーストーリー。恐れおののいたわたしも、疑いがあると思った段階でてんやわんやの大騒ぎをしましたよ。ええ。

ニコリーノを別室に移して泥酔かってくらい大量のアルコールスプレーを撒きまくったし、
いつ桃がどんぶらこしてきてもおかしくないってくらい大量の衣類を洗濯しまくったし、
周りに迷惑をかけないように、外出用の服も一着に限定して一回ごとに消毒&高温洗濯を繰り返しながらずーっと同じのを着ていたし、etc…

おかげさまで部屋も家具も洋服も今ピカピカなので年末大掃除はいらないなー。はっはっは(乾いた笑い)。

予防策は、道に落ちている家具を拾わないことなどが挙げられます。ただ、タクシーやシアターや地下鉄内などの公共の場で人から人へ移動するので防ぎようがない、というのが恐ろしさの元凶となっています。

アークさんいわく、幼稚園の先生やケアテイカーなど、大勢の人たちと触れ合ったり、たくさんのお家を訪問する仕事をしているともらってくる可能性が高くなるそうです。

まさか自分も、そんなまさか…!?

と思ったら、すぐさま311に電話。ミッキ君のようにベッドバグを見つけるべくトレーニングを受けたビーグル犬を連れた、BBエキスパートチームに来てもらいましょう。

自分で診断できる方法なども、市のウェブサイトに詳しく載っています。

市のベッドバグ関連リンク
市のベッドバグガイドライン

Mikki excited over Nico's smell→隅から隅まで調べてくれたミッキ君、ニコリーノ(本人はバスルームに避難中)のおうちにここ1番で興味津々。さすがビーグル、元うさぎ狩猟犬。そうとう気が散ってたみたいだったけど…君の判断を信じるよ。

これが気まマホ日記2014年を締めくくる記事になるのはアレなので、年内にもうひとつくらい更新します。

あ、みなさんメリークリスマス!いぇーい!!!

犬たちのハロウィンパレード

スカッと気持ち良いお天気が続くニューヨークの街は、31日のハロウィンに向けて大忙し。お店のインテリアやショーウィンドーには魔女やコウモリが登場し、スーパーやファーマーズマーケットではSquashやPumpkinが幅を利かせています。美味しそうなかぼちゃ(「Kabocha Squash」というよ)を手に入れたので、わたしもパイを焼こうかな。

大パレードを来週に控えた人間たちより一足お先に、今週末は犬たちのパレード「Tompkins Square Halloween Dog Parade」が盛大に行われました。今年で24年目だそう!

DoggyHalloweenFrozen? DoggyHalloweenFarmerさやえんどう犬↑

DoggyHalloweenShakeShack DoggyHalloweenBakatonoDoggyHalloweenWitchもはやどこに犬がいるのか…↑

DoggyHalloweenGothicLoritaDoggyHalloweenHulaDoggyHalloweenSpider哀愁の漂い方がすごい↑ 靴も履いてるよ。

DoggyHalloweencaterpillarDoggyHalloweenNY車椅子でも何のその、ニューヨークをしょって歩きます。見えないけどTシャツも「I ♥ NY」↑

DoggyHalloweenTitanic今年No.1に輝いたのはこちら。どうか沈みませんように↑

DoggyHalloweenAdoptMe!近隣のシェルターから、ボランティアさんが飼い主募集中の犬たちを連れてきてました↑

ご覧の通り、とってもクリエイティブです。中には、犬よりも飼い主の仮装に気合いが入ってたり、犬が巨大アートの一部になっていて、もはや仮装なの?という作品も。わたしは用事があって途中で抜けなきゃいけなかったのですが、その後も盛り上がってすごいことになってたらしい。

↓以下はFBページから拝借。もっと写真を見たい方もそちらへどうぞ。

DogHalloweenFB5 DogHalloweenFB8 自由があまりない自由の女神。いーっ↑DogHalloweenFB4 DogHalloweenFB3まさかのローマ法王まで↑

DogHalloweenFB2 DogHalloweenFB1DogHalloweenFB6Photo by Stacie Joy

ちょっとかわいそう?っていう仮装もあったけど、飼い主さんとの絆のなせる技でしょうか。この悟りきったような(諦めきったような?)表情。みんな、なんてお利口なのー。

しっかり役目を果たしたんだもの、あとでたっくさんTreat(おやつ)をもらうんだよ!

街歩き愛でるパリ

歴史ある荘厳な建物がたくさん。

cityhall

ふと小道に入ると、この世界に存在するのが自分ひとりだけになったような、
そんな錯覚に陥るほどの静けさにはっとする。

alittlestreet
地下鉄の構内 @Cite

metrocite

日曜開催の、小鳥とお花のマルシェ。birdsandflowersmarche

地図を見てお目当てにたどり着くのも、目的なく動いて迷うのも、どっちも楽しい街歩き。

うさンリー

あら、そんなに嫌でしたか。

nicomaho2shot

“I’m the King around here, and don’t you forget it”
— Stanley Kowalski  Nicolino Honda

”オレがここの王様だ。忘れてくれてんじゃねえぞ。”

こちら、「欲望という名の列車(A Streetcar Named Desire)」から、スタンリー・コウォースキー氏の有名な台詞。

さて、うちの王様といえばこの方、ニコリーノ氏。基本的に放し飼いなので、朝晩に飛べや走れやの大暴れをし、その後はお部屋のあちこちでふんぞり返って寝ています。だんだん貫禄がついてきたような。写真はお嫌いだったようです。

(↓こちらは優しめ)

NicoWantsBanana”撮影料はバナナでいいぜ。今すぐ出しな。”
— Nicolino Honda

ただいま、AC&Cのシェルターだけで30匹以上のうさぎが待機しています。キッズの夏休みが終わるからでしょうか、この時期は飼育放棄される個体数がとくに増えるらしい。うさぎの養子縁組にご興味のある方、お手伝い and/or サポートしたいよーという方は、まずはPetfinderからお近くのシェルターやレスキュー団体のうさぎ事情をのぞいてみてね。
https://www.petfinder.com
(養子縁組可能なペットのプロフィール検索サイト。うさぎ以外にも、犬、ネコ、鳥…、、と動物の種類を選択して、お住まいのZipcodeを入れてください。ちなみにNYのど真ん中は10001です。)