タグ別アーカイブ: モデル

俳優が教える、写真うつりの極意その2。簡単すぎる好感度アップの方法

寒さに負けず、新しいヘッドショットを撮影しました。

MahoHonda2018_web

MahoHonda2018s_webPhoto by Masaki Hori
Instagram: @mhheadshots

以前、演技を利用した写真写り向上の極意についての投稿を掲載したところ、「わかっちゃいるけど出来ないんだよ」という意見をいくつかいただいたので、 ヘッドショットを撮るにあたって今度はもっと技術的な方法を紹介します。

前回は、写真写りが悪くなってしまう=顔がこわばってしまうのは自意識のせいだというお話をしました。

顔の角度や姿勢(主に首や肩の角度)を意識したりというテクニックは置いておいて、「自意識の罠」からどうしても逃れられない時、少し気をつけるだけで、より自然な、より好感の持てる表情を演出できる方法とは、

 

「口をちょっと開けること」

 

ちょっとです。ちょっとだけ。

具体的には、歯を軽く閉じたまま、唇をリラックスさせてほんのり開けるぐらいの「ちょっと」です。

ほんのちょっと口を開けるだけで、緊張でこわばった口元が緩む上に、表情にほどよい「隙」が生まれ、親しみやすい雰囲気を作り出すことができます。

2年前に指導を受けたダンスの振付けの先生が教えてくれたことも参考に:

「口を閉じたままだと、見る人たちに近寄りがたい印象を与えてしまうの。口は『魂へのアクセスポイント』。口が開いていることで、見る側はあなたに惹かれ、コネクトすることができるのよ。だから、(ダンス中に)カメラがクロースアップの時は特に、口をちょっと開けるように意識してみて。」

だそうです。「口は魂へのアクセスポイント」とな。ふむふむ。

写真や映像においては、口をちょっと開けるだけで、好感度が上がるのですね。

ただし、むやみに口を開けるとだらしない印象になるだけなので、顔に緊張感が全くないのはよくありません。また、開け方を間違えると、不自然だったり、媚びているような印象になってしまったりもする恐れもあるので注意が必要です。

程よい加減を掴むためには、練習あるのみ。鏡はもちろん、スマートフォンも便利です。どんどんセルフィー(自撮り)してみましょう。

Masakiさんにいただいた(ありがとうございます!)完成前の写真を使って、例を挙げます。わたしの顔がいっぱい出てきますが、どうぞお許しを、、、

MahoHondaHeadshotEx1

口をちょっとだけ開けると、シリアスながらも固くない表情に。

 

MahoHondaHeadshotEx2

ちょっと口を開けたまま口角を少しだけ上げると、より柔らかい表情に。

 

headshotweb1

他にも、口を大きく開けてあごを上げた笑顔だと、オープンな印象に。

 

headshotweb2

口を閉じてあごを引いた笑顔は、ちょっとたくらんでいるような印象に。

 

口を閉じていても、口角を上げれば表情が和らぎますね。

とはいえ、お顔によって似合う表情は違いますし、免許やパスポート用の証明写真や、ビジネス用のヘッドショットなどの場合は口を閉じている写真のほうがプロフェッショナルな印象になります。また、男性は女性に比べて「強い」イメージの演出を求められることが多いですよね、、。

求められている表情、演出したい雰囲気や用途によって、臨機応変に対応したいところです。

あ、あとは、ちゃんと呼吸をしましょう。息を止めていては、やはり顔もこわばってしまうようですね。

広告

2016年、来たる

MahobyAyumiHolidayMemoire of a record-breakingly warm day in the holiday season of 2015-2016. Photo by Ayumi Sakamoto.

2015年最後の撮影。今年のニューヨークのクリスマスは暖かく、半袖の人もいたほど。桜の花がうっかり咲き始めちゃっていたほど。

でも、1週間経てば、うららかな気候が嘘だったかのように、本格的な冬がやってきた。肌に突き刺さるような寒さが痛快。

疾風のごとく駆け抜けていった2015年。置き去りにされてたまるか、と私もスピードを上げてみたけれど、気がつくともう後ろ姿しか見えなくなっていて、あっという間に終わっていた。新たにやってきた2016年には、もう少しゆっくり走ってくれてもいいよ、なんなら休憩台にバナナでも用意しておくからちょっと休んでいってちょうだいよ、と言いたい。

そんなこんなで、新しい年が明けました。今年もよろしくお願いします。

街はファッション色

毎年恒例のファッションウィークが先週からニューヨークでも始まりました。この時期に色づくのは木々の葉っぱだけではありません。色とりどりの個性的なファッションに身を包んだ世界各国のおしゃれピーポーがニューヨークの街角を彩ります。

ファッション関連で、週末は日本発のブランド「Han Ahn Soon(ハンアンスン)」さんのオープニングレセプションにご招待いただきました。10月22日までサウス・ストリート・シーポートのお店でポップアップストアをオープンしているそうです。

SEAPORT STUDIOS
http://www.seaportstudios.com

HASshopHAS1HAS2再コラボが実現した「ガッチャマン」のクッキーもあったよ↑

お洋服は、ひとつひとつ模様や素材の組み合わせなどのデティールが凝っているものばかりで素敵でした。特に正面のマネキンとハンさんが着ていた、細かいプリーツが縦に入ったノースリーブワンピが印象に残りました。同じスタイルで丈がロングとショートの2種類あり、柄もストライプとチェックとハンさん&マネキンがお召しになってた花柄、といろいろありました。
HASfb

(Photo by Hayato. fb公式ページより)

ファッションウィーク(どーん)!!!!!めるせですべんつ(どどーん)!!!!!!!!!!

というとバブリーな響きですが、今年からベンツ様もスポンサーを降りたそうですし、バブってなくても雰囲気を味わうことはできます。例えばこんな感じで。

はっはっは。

夏越し

おおっと!ぼんやりしている間に夏が終わってしまいますね。暑いことは暑いのだけど、早朝の少し肌寒い、澄んだ空気に秋の気配を感じます。

久しぶりの更新になってしまいましたが、わたしはというと、
Maho @DELL

手元のコンピューターのロゴ元の会社のためにデスクワーク中のふりをしたり、
coca cola cm shoot手元のビンの赤いラベルのロゴ元の会社のためにセルフィーしたり、

Shoot with Don投資家のふりをしながらセルフィーしたり、

MGMTAndrewロック・スターとお話ししたり(MGMTという大人気バンドのボーカル・アンドリューさん)、

SSmodels1水着の金髪美女にサンドイッチされたり、

SSBar(これ誰だか分かるかな?)SSmodels2(そう、二アベ・アンソニーをやってくれたジアンマルコ君です!)

…しながら、夏をサバイブしました。最後のジアンマルコ君との撮影は出来上がりを見られる予定。楽しみ!

ニューヨークの夏は、前回ご紹介したシェイクスピア野外公演の他にも、シャボン玉大会水鉄砲大会、マンハッタン縦断自転車大会野外ブロードウェー大会青空映画大会、など無料で楽しめる素敵イベントが盛りだくさんで、とても面白いんです。全部ブログに書きたいと思いつつぜんっぜん間に合ってないのですが、いつか必ず!

☆☆☆

NicoCarpet(この方も無事サバイブしました。全身毛だらけからたいへんだったよねー)


ペットショップに行くの、ちょっと待って!!ニコリーノのようなかわいいうさぎを養子にしてみませんか?飼い主募集中のうさぎはこちらから検索→ https://www.petfinder.com(アメリカ)