タグ別アーカイブ: ブロードウェイ舞台

旅の終わり

TJTRclosing1

岡田利規さん作「部屋に流れる時間の旅」の英語版オフブロードウェイ舞台「Time’s Journey Through a Room」は、1ヶ月の公演を終え、昨日無事に千秋楽を迎えることができました。

やっとスパイシーフードも思う存分食べれるし、お酒もガボッと飲めまーす(喉が心配で控えていた)!!!

TJTRclosing2closingflowers下の2枚はクロージングナイトより。
皆様の優しさでうちがお花屋さんみたいになってくれてますーうふふ。

いただいたお花の香りに包まれながら、今日は朝から「旅」の余韻に浸っています。お花の他にもお友達の皆様には色々とお心遣いいただきまことに恐縮でございます。

関係者の皆様、支えてくださった皆様、貴重な時間を割いて観劇にお越しくださった皆様、温かいコミュニティーへの感謝の気持ちで胸が苦しいくらいで、また改めて個人的にお礼をお伝えさせていただければと思います。私にどんな恩返しができるだろうか、時間をかけて考え行動に移していきたいと思います。

また、このような海外の素晴らしい作品たちをニューヨークの舞台としてプロデュースし続けているプレイカンパニーの皆様に、心からの敬意を表明いたします。今後とも彼らのご活動に注目していこうではありませんか。

これが私のいわゆる「オフブロードウェイデビュー」となりましたが、正直なところ、期待に胸を膨らませて渡米した当時の私に、「9年後にならないとオフブロードウェイの舞台には立てないよ」と教えてあげたら、彼女は失望して日本に引き返したかもしれません。ニューヨーク生活は、キャリアはもちろん、全てが本当に期待どおりにならない。思うように結果が出ないときでも、少しずつ自分で基準を作って、前に進めているという実感を少しでも感じられる方法を見つけて、コツコツやっていくしかない。

これを機に舞台俳優労働組合 (Actors’ Equity Association) にも加盟します。今後も引き続きご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

EquityCot

(おまけ→:1日2公演あった日は、組合が用意してくれたベッドの上だけを布団仕様にして楽屋で爆睡。総じて日頃の体力なさを実感。今回の舞台でほのか役を演じニューヨークタイムズ含め批評家に絶賛された女優の川久幸ちゃんが撮ってくれました。)

Happy Happy Closing🎉 I can’t be more grateful to everyone who came, helped, and supported the PlayCo’s production of “Time’s Journey Through a Room”. I’ll need more time to process this bursting feeling of gratefulness. This wasn’t made possible without you, and without The Play Company, one of whose missions is to bring ambitious international pieces like this one onto Off-Broadway productions. I will never take that for granted. Thank you.

To be honest, I might have had a second thought 9 years ago, when I decided to move to NYC with full of unrealistic hopes and dreams and with all my money in traveler’s checks (which were all stolen later, long story), if I had known I wasn’t going to be able to perform on Off-Broadway till 9 years later, but “I am really happy right in this moment (Arisa)”, and that the journey continues. Acting is fun!

ニューヨークタイムズ紙の「批評家おすすめ舞台」に選ばれました!

おととい・20日にオープンしたオフブロードウェイ舞台「Time’s Journey Through a Room」(岡田利規さん作「部屋に流れる時間の旅」の英語版)。

な、な、なんと、ニューヨークタイムズ紙の批評家おすすめ舞台に選ばれ、こんなに大きく紹介していただきました。

じゃん。

NYTimesCriticPick

我らがKensakuさん、トランプ大統領よりもサイズ大きい。ページの2/3ものスペースを割いてくださるってどゆうこと。

オンライン版でこちらから全文が読めます。

ニューヨークタイムズ。恐るべきニューヨークタイムズ。

ニューヨークタイムズのレビューによってシアターの興業の行方が左右されるとはよく聞いていたので、どうか悪いレビューだけは出さないでいただきたいと願ってはおりましたが、まさかこのように高く評価していただけるとは、個人的には正直驚いています(もちろんチームの皆様のお仕事ぶりは素晴らしいのですが実感として)。

シアターコミュニティにおけるニューヨークタイムズの立ち位置といえば、わかりやすい例で、アカデミー賞を受賞した、ブロードウェイの舞台裏が設定となった映画「Birdman(バードマン)」の中で、ニューヨークタイムズの批評家をモデルにしたキャラクターが出てきましたね。あの描写はあながちフィクションではないのかな、、、。

印象的だったのは、先日とあるブロードウェイ舞台のオープニング公演と関係者によるアフターパーティーにお邪魔させていただいた時、パーティーの最中、夜11時ごろになると皆さんがソワソワし始め、一斉に携帯とスマホを取り出し何かを確認し始めたこと。通常ニューヨークタイムズによるブロードウェイの舞台のレビューは、オープニング公演が終わって一息ついた夜11時ごろにアップされます。パーティーにいた皆様は、そのレビューを今か今かと待っていたわけですね。(良いレビューだったのでアフターパーティーはさらに盛り上がりました!)

レビューはプレビュー期間中には出ず、オープン当日〜数日で各所から一斉にアップされます。そのレビューによって、その舞台の今後の運命が左右されるかもしれない、、、関係者としては怖すぎて胃が痛くなりそうですが、第3者目線で発表されるレビューが大きな影響力を持っていることが、ニューヨークのエンターテイメント業界を健全に保ち、出回る作品たちの質を良いものに保っているのだと痛感します。

我々の舞台のレビューはNYT の他にも続々と出ています。それぞれの関係者について良いことをたくさん書いてくださっているのですが、わたし関連部だけ抜き出しますことをお許しください:

timeout.com
“ ★★★★“
(レビュー自体はクールだけど、★は4つ)

exeuntnyc.com
“Under Rothenberg’s laser-pointed direction and the equally precise performances of the very fine trio of actors, time is seen and felt as a continuum, in real time (aided by Aya Ogawa’s smooth translation).”
(嬉しい!)

theaterscene.net
“In the spirit of the loquacious Winnie in Samuel Beckett’s Happy Days, the animated Yuki Kawahisa beautifully portrays Honoka with sunny depth. Maho Honda as Arisa, the play’s unifying figure, is brilliantly wistful.  Veering from low key to emotionally volatile Kensaku Shinohara richly conveys Kazuki’s angst and anguish. This trio’s rapport and chemistry is palpable and is integral to the production’s success.”
(これもすごく嬉しい!ぶりりあんと!我らがYukiちゃんはどのメディアのレビューでも絶賛)

lightingandsoundamerica.com
“(Maho) Honda brings a quiet elegance to the role of Arisa and Yuki Kawahisa keeps Honoka’s run-on speeches flowing without ever becoming an irritant. Kensaku Shinohara ably suggests a deep unease behind Kazuki’s deadpan demeanor. ”
(これもものすごーく嬉しい!エレガンスだってエレガンスだって)


予定されている公演は6月10日までです。これからが勝負です。

チケット:https://web.ovationtix.com/trs/cal/30245/1525147200000
promo code: Special30
promo code (friends & family) : Please DM. Let me give you directly:) 

Time’s Journey Through a Room
https://playco.org/plays/times-journey-room/

Now through June 10 at the ART/New York Theatres—Mezzanine Theatre, 502 West 53rd Street.
Student Tickets $15. $15 Rush ticket 45min before the curtain opens.

By Toshiki Okada,
Translated by Aya Ogawa,
Directed by Dan Rothenberg
Featuring: Maho Honda, Yuki Kawahisa, Kensaku Shinohara
Stage Manager: Molly Shea
Assistant Stage Manager: Codey Leroy Butler
Assistant Director: Noa Egozi
Set design: Anna Kiraly
Lighting design: Amith Chandrashaker
Costume design: Maiko Matushima
Sound design: Mikaal Sulaiman
Movement consultant: Lily Kind

@ ART/New York Theatres
Produced by The Play Company

playcomailinglist.jpg

ラストスパート(割引あり)

20日にオープンを控えたオフ・ブロードウェイ舞台「Time’s Journey Through a Room」。劇中の雰囲気をちょっとだけ覗いていただけるトレイラーが公開されました。

https://www.facebook.com/plugins/video.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FThePlayCompany%2Fvideos%2F1792873090732957%2F&show_text=1&width=560

さらに先ほど、カンパニーから15ドルのラッシュチケットを出すと発表がありました!ので、こちらでもお知らせいたします。

TJTRrush.jpg“Just Announced! As part of PlayCo’s OpenHouse ticketing, a limited number of $15 general rush tickets (cash only) may be available for purchase at the box office. Sign-up will begin 45 minutes prior to the show and sold as they become available.

More info: https://playco.org/plays/times-journey-room/

リハーサルも大詰めで、チーム一同オープンに向けて試行錯誤しながらラストスパートです。プレビューにお越しいただいた方にも、オープン後の完成形をまたご覧いただけるように、楽しんでいただけるように全力で精進いたします。

満員御礼

プレビューの幕が開けて3日が経った、オフ・ブロードウェイ舞台「Time’s Journey Through a Room」。

ここまでの3夜の公演はチケットが全て完売し、岸田戯曲賞受賞の劇作家・岡田利規さんの作品のファンの皆様、The Play Companyの作品のファンの皆様、そしてニューヨークのシアターコミュニティの底力をひしひしと感じております。ご多忙の中、観劇にお越しくださった皆様、どうもありがとうございました。

ご存知の方も多いと思いますが、「プレビュー」とはシアターの正式なオープンの前の数週間〜数日、オープン後と同じようにお客様に入っていただいて行う「先取り」公演期間で、その期間中はリハーサルを行っても良いことになっています。正式なオープン後はリハーサルは行ってはいけないことになっており、ディレクションが変わることは(滅多に)ありません。

というわけで、我々も現在、20日の正式オープンに向けて、リハーサルを続けながら最終調整をしています。
happyfirstpreview

心境としては、自分の能力や技術に対する不安な気持ちは減り、私はともかくチームみんなの素晴らしい仕事ぶりを見てください!というチームに対する敬意からくる安心感が、上演に臨む際の拠り所のようになっていることを感じます。

深みのあるストーリーの伝え手のひとりとして舞台に立てること。

演出や音や照明やセットや衣装や振り付け、そして共演の俳優さんと、素晴らしい才能と技術が集結したプロダクションの一部として舞台に立てること。

こうした自分の「メディア」としての役割に責任とやりがいを感じています。

さらには、この劇自体が「メディア」となって、観客席から一緒に登場人物たちの「旅」の体験を共有してくださった皆さんを、ご自身の過去、現在、未来への「旅」へと誘うことができれば良いなぁと、そんなことをぼんやりと考えています。ただし、リハーサルと公演を重ねるたびに、まだまだ新しく発見、理解することがたくさんあるので、劇自体の内容や考察について言及するのは控えます。

日本語のプレスにも取り上げていただきました。割引プロモコードもこちらに添付しますので、この機会にぜひ。

よみタイムさん

週刊ニューヨーク生活さん

ニューヨークビズさん

Time’s Journey Through a Room
■5月10日(木)~6月10日(日)
■会場:the A.R.T./New York Theatres
Mezzanine Theatre:502 W. 53rd St.
■一般$35(プレミア$45)
団体(10人以上)$15、学生(要ID)$15
■チケット購入:playco.org Tel:866-811-4111

★割引プロモーションコード Special30

★家族友人用割引プロモーションコード (直接聞いてください!)

 

テックリハ始まる

TJtech1楽屋。組合の規定でお昼寝用のベッドがある。衣装デザインのMaikoさんとMeganと。

5月10日からプレビューが始まるオフブロードウェイ舞台「Time’s Journey Through a Room」は、ただいまテックリハ(Technical Rehearsal ※) に入っています。

(※ 本番のセット上で、音や照明を決めながら行うリハーサル)

プレスも続々と出ておりまして、プレッシャーと興奮が高まっております。

Time Out にも。

The NY Times にも。

TJtech2キャストのYukiちゃんと

こんなはしゃいだ写真をアップして、本番で何か大失敗したらどうしよう(顔からこけるとか、セリフを3ページくらい全部すっ飛ばすとか、咳が止まらないとか)、、と思うとブログを書く手が震えます。

危機感を持ちつつ、楽しみながら頑張りたいと思います。

TJflyers

13日には、この劇の脚本家である、岸田戯曲賞受賞の劇作家・岡田利規さんのワークショップが Japan Society で行われるそうです。

Workshop with Toshiki Okada

その前日、12日の公演後には岡田さんのトークバックがあり、お話を伺えるのが私も楽しみです(そちらの公演のチケットは完売したようです)。