カテゴリー別アーカイブ: 動物、鳥、ペット他

9/11の夜空と、小さな命

空に伸びる2筋の光。

9/11から昨日で16年です。毎年、この日、この時期は「Tribute in Light」と名付けられた2筋の青い光が天に向かってまっすぐに伸び、平和の意義を問いかけます。

TributeinLightwikiWikipediaより

この青い光、午後11時頃に一時的に消えて、「あれ?」と思った方はいらっしゃいますか?

あれは、光の中から抜け出せなくなってしまった鳥たちを逃がすための消灯だそうです。

人工の強い光は、渡り鳥たちの方向感覚を狂わすことがわかっています。

7000ワットの光が約6.4キロも伸びる Tribute in Light も例外ではなく、光の中から抜け出すことができないまま力尽きて死んでしまう鳥が相次ぎました。状況を重く見た野鳥保護団体「NYC Audubon」が、Tribute in Light を運営している「the National September 11 Memorial and Museum」に働きかけ、たくさんの鳥たちがぐるぐると光の中を飛んでいる時、または力尽きて落下する鳥が出てきた時には、青い光を一時的に消灯するという処置がとられるようになりました。

今年も、NYC Audubon のボランティアさんが交代で一晩中、鳥たちの安全を見守ってくれていたようです。

たくさんの命が一瞬にして奪われた9/11。未だに後遺症やPTSDに苦しむ人が後を絶たない9/11 。

メモリアルとはいえ、小さな命にも配慮してくれて感謝です。

injuredpigeonおまけ
→最近の負傷バト。

うちでは療養させず、すぐにエキスパートHの世話になるべく搬送したので、名前は「Maho(運んできた人の名前)」。

広告

Happy 4th of July

7月4日はアメリカ合衆国のお誕生日。独立記念日でした。

JUly4thCoupleこの日は、家族や友人同士でバーベキューをして花火を観るというのがお決まりパターンです。独立記念日は他のクリスマスなどのホリデーと違って宗教色がなく、アメリカ人やアメリカ在住者やその他アメリカを愛する誰もが手放しでお祝いできる日なので、祝い方にも気合いが入るのが常です。

わたしも友人宅にご招待いただいたので、グランドセントラルからメトロノースに乗って北へ行ってきました。

July4thBBQ彼がバーベキューに熱心なアラバマ州出身と言うことで、アラバマでしか売っていないというシーザードレッシングのようなバーベキューソース(写真中央)をかけていただきました。なにこれ、というくらいものすごーく美味しかった。アメリカの、とくにアメリカ南部の、バーベキューにかける熱意を垣間みた気がしました。

そしてもうひとつの目玉イベントがこれです。この子らの話を聞いていたので、会えるのを楽しみにしていました。
bunny1bunny2芝生とクローバーがいっぱいのお庭に、毎日ブレックファーストとサパーを召し上がりにくるうさぎさま。コットンテールという種類の野うさぎのヤングです。友人は彼らがげんこつくらいの大きさの赤ちゃんうさぎだったときから成長を見守っているそうです。

通常、コットンテールの親は、赤ちゃんうさぎから敵の目をそらすため、出産後は授乳の時以外、巣にはいっさい近づきません。赤ちゃんうさぎだけの巣をたまたま発見、もしくは赤ちゃんうさぎが巣の周りを歩き回る姿を目撃した人間が、彼らが親に捨てられていると勘違いして赤ちゃんたちを保護してしまうケースがあるそうです。もし、赤ちゃんだけしかいないうさぎの巣や、巣の周りでよちよち徘徊する赤ちゃんを見つけても、まずはそっとしておいてあげてくださいね。

Mahotakingbunnyphotos↑気配を消してバニーちゃんの写真を撮ってるところを網戸越しに

アメリカよ、お誕生日おめでとう!

Happy 4th of July!

母の愛

ニューヨークはこぶしの花が満開です。そんなうららかな春の午後、ユニオンスクエアで出会ったのは…

artpigeonflock

artpigeonartbirds

motherpigeonフェルトでできたハトのぬいぐるみを並べた、路上アート。つ、つつつ、ツボすぎる。

←アーティストのTina Trachtenburg さん。通称「mother pigeon」さん。出没情報などはTwitterから。

おなじみブルーバーの中に、レッドバー、チェッカー、グリズル(※ハトの羽の柄の正式名称)などが混ざっていたり、はたまたストレッチしている子がいたりして、芸が細かい。

わかるよー、わかる。ハトへの愛、ビシバシ伝わってきましたよ。

いつもは無の境地で颯爽と目的地へ向かうニューヨーカーたちも、手作りの愛らしいハトたちの群れに、思わず足を止め、顔をほころばせていました。 artpigeon2

宮島の鹿さんと初詣

日本回想記2。

うさぎ島に行ったついでに広島へ。今年の初詣は、贅沢にも厳島神社でしたー。
厳島神社

↓この1文字は何だ!?苔?金?壁? 魚は「捕る」だし。まさか、「暖」?でも鳥居は寒そうね、などと考え続けたのですが、「大鳥居の内側でを取ってはいけません」だと後から友人が教えてくれました。

その1文字はなあに人ごみの影でお休みになる宮島の鹿さん。鹿ファミリー@宮島♡♡♡♡

人間だったらポルノスターレベル。広島牡蠣えーっと、おみくじには当たらなかったけど、牡蠣には当たりました。もうね、新年早々、ベタすぎるネタですよね(遠い目)。

念のため弁護しておくと、お店の衛生管理とか牡蠣の新鮮さとかは関係ないそうです。最後の晩餐これでもいいわ…!というくらい美味しかったです。

☆☆☆

さて、宮島でちょっと考えたことがあります。それは、鹿さんについてです。

鹿は見守りましょう宮島ではもう何年も鹿への餌やりが禁止になっています。鹿せんべいの販売もしていません。

ところが、鹿たちは、長年の餌付けによって人里にいついてしまっている。

結果、腹ぺこのあまり、観光客に必死に餌をねだりに寄ってきて、じゃけんに扱われたり、ゴミや食べ残しをもらって食べていた。そんな鹿たちの姿を見るのはせつなかったです。

近くには原爆ドームもあるし、弥山は世界遺産としても名高いし、国内だけでなく国外からの観光客もたくさん訪れる宮島。世界に誇れる日本の窓とも言うべき素晴らしい場所で、これか…と、正直おどろきました。鹿を楽しみに来る人もいると思うのだけど。

鹿スマイル県外国外の者の素人目線かもしれないけど、「野生」を言い訳にして悲惨な状況をほったらかしにしているように見えて、とても残念でした。広島のみなさんはどう思っているのだろうか。

「餌やり禁止」の措置は、鹿と人間の生活圏の境界線をあらためて引き直す第一歩として重要だったのかもしれませんが、それだけでは不十分だと思うし、そもそもまったく徹底されていないため、もはや必要なのかどうかさえ怪しいと思いました。餌やり禁止と同時に、みんなで協力して鹿たちをスムーズに森に返すような対策や、それが難しいなら、人里に住み着いてしまった分の鹿たちだけでも去勢して保護するなどの、長期的で総合的な対策が立てられなかったのか…。

そのくせ、鹿のツノが危ない!観光客がケガをするかも!とかって、そこは簡単に「野生」の境界を飛び越えてゴリゴリ切ったりしているわけで、ちょっと筋が通らないんじゃないかしら。

前回のうさぎ島もですが、動物との付き合い方について、もんもんと自問を繰り返した広島滞在記でした。

うさぎ島、大久野島

日本回想記です。

日本には「うさぎ島」があるって知っていましたか。わたしもうさぎボランティアさんに教えてもらって初めて知りました。

調べてみると、戦時中は毒ガス工場だった広島の端っこの小さな島が、現在「うさぎ島」として生まれ変わって、観光名所になっているそう。毒ガス実験用に運び込まれたうさぎだが逃げたとか、戦後に捨てられたうさぎが増えたとかで、今は700匹が生息しているらしいです。

これは、うさぎパーソンとして、ぜったいに、行ってみなきゃいかんだろう!

というわけで、行ってきました。新幹線を三原で降りて、忠海駅からのフェリーでどんぶらこ。海外からの観光客の方もたくさんいました。国内よりも海外での方が有名なのかな?

うさぎ島フェリー

島に着くと、うさぎたちのお出迎え。ホテルがあるので宿泊もできます。
うさぎ島1うさぎ島2

島内はいたるところに毒ガス工場ビルの残骸が残っており、立ち入り禁止区域もたくさんあります。
うさぎ島3うさぎ島4うさぎ島5うさぎ島6Rabbit Islandうさぎ島8うさぎ島9うさぎ島10うさぎ島11

うさぎ島7うさぎ島MAPニコリーノみたいなバンビ柄のうさぎはいなかったけど、先代ミントみたいな「純・穴うさぎ」的うさぎさんがたくさんいてかわいかったです。

ただ、一番気になったことのひとつは、アンゴラ(毛が長いうさぎ。人間のケアが必要。)やネザーランドドワーフ(小さく改良された血統書付きのうさぎ。)など、明らかに毛並みの違う子がぽつんと混ざっていたことです。

ああいう子は最近捨てられたとしか考えられません。

ペットとして飼われていた子がここに離されても、ほとんどがお腹すかして怖い思いをしてぼろぼろになって死ぬ運命だと思います。島に行くフェリーの中の注意書きでも言及してくれていましたが、うさぎが捨てられるケースはなくなってないみたいでした。

なでこうさぎ、うさぎ島あとは、ケガをしている子、特に耳や目が傷ついている子がとても多かったです。

うさぎはかなり派手にケンカをします。人口過多だとなわばり争いも激しいだろうし、食べ物の奪い合いも起こるでしょう。

ニコリーノやシェルターのうさぎを触わり慣れていたので、大久野島のうさぎの痩せっぷりには驚きました。たまたま体を触れる子がいたのですが、骨と皮だけという感じでした。これでは、一目散で餌をねだりにくるわけだよ。

そうはいっても、見た限りでは、うさぎたちの健康状態は、思っていたほど悪くない印象でした。ただ、現状は「野生」の名の下にほったらかしの状態です(みんな「穴うさぎ」から開発されたペット種のうさぎの子孫たちなので、厳密には野生ではない)。いいか悪いかは別として、島内でのうさぎ餌の販売は禁止するなどの措置はとっているようですが…。

近い将来、どうなってしまうのでしょう。この島が、「小学校の片隅の悲惨なうさぎ小屋」の二の舞にならないかと心配です。

今後とも注意して見ていきたいと思います。