カテゴリー別アーカイブ: 4. にわかアートLover

今度はMOMA で日本展!「Tokyo 1955–1970: A New Avant-Garde」

コロンバスサークルに西野達さんのパブリックアートがどどーんと登場したり、Whitney museum(ホィットニー美術館)とルイ・ヴィトン各店舗を草間弥生さんのアート(とご本人像)がぼぼぼぼーんと占拠したり。

ニューヨークに、にわか日本アートブーム!?がきているといっても過言ではない。

さらに今度は、ニューヨーク現代美術館(Museum Of Modern Art, MOMA)にて、今月18日から、1955年〜70年の日本の現代アートの展示が始まるというではないか。

Tokyo 1955–1970: A New Avant-Garde

(November 18, 2012–February 25, 2013) http://www.moma.org/visit/calendar/exhibitions/1242

ということで、火曜日にオープニングに行ってきた。

この日のデートは、愛すべき毒舌を駆使するわれらがアートディーラーのさっちゃん。「あ、あの人有名アーティストよ」と、度々こっそり教えてくれた。アート界の巨匠もたくさんいたようだし、ともかくすんごい数の人がきていた。

さて展示だが、わたしでも知っている岡本太郎さんなどの有名どころから、さっちゃんも知らないニッチなアーティストさんまで、なかなか面白いセレクションであった。

壁に耳ARI。このアーティストのカラーの作品は珍しいらしく、大興奮のさっちゃん。

50、60年代は、戦争が終わり、高度経済成長期に向けて時代がすごい勢いで動いていたわけだが、そういうときに生まれるアートにはものすごいパワーがあると改めて実感。もう暗闇の底は見ちゃったから怖いもんはないもんね!とでも言ってるような。

人間というのは、転んでもタダでは起きないすごい底力を備えていて、しぶとい生き物だなぁと思わせてくれる。

こんな50、60年前の時代から、周りに頭がおかしいと思われただろうにも関わらず(昔だと特にそうだったろう)、こういう挑戦的な作品を生み出していた日本人アーティストたちがいたこと、さらに、そんな彼らの作品に価値を見いだした人たちがいたというのは、大きな希望である。

展示は18日の日曜から来年の2月まで。MOMAは毎週金曜の5時以降は無料なので、そこを狙ってもいいかもしれません。

「さいっこー!」「きも」「あれ、ああ見えて高いのよ」などと、あーだこーだ話して楽しんだあとは、モマを出た角にあるユニクロ(この展示のスポンサーでもある)で冬支度の買い物をし、ジッパーを締め上げたジャケットに首を埋めて帰った。

革ジャンだともう寒い。冬はすぐそこである。

ピカソ展(Picasso Black and White @Guggenheim)

グーゲンハイムのピカソ展に行ってきました。1/23まで。

Picasso Black and White @Guggenheim museum

白と黒の作品だけを集めた展示なので、青の時代、ピンクの時代等の絵はない。いかにも材料費がかかってなさそうな下書き風の絵から、がっつり巨大な油絵まで、バラエティに富んでいた。立体もあった。

チャコールの線にほれぼれ。しなやかで、力強くて、迷いがない。

まぁ、よくもこんなに集まったものだ。圧巻!

ピカソは、性交体位一覧である「色好み48手」みたいな絵をたくさん描いてるので、初めて見たときは結構衝撃だったけれど、ここまで女体を神格化していただくと、いやらしさも吹っ飛ぶというものだ。

なにごとも突き詰めると芸術なのだ。

観覧ルートの最終地点となるカタツムリ巻きの頂点にあったこちらの絵。ピカソ本人とジャクリーヌ(最後の妻。もち年の差婚。)かね。さすが、展示の最後までエロエロ貫徹です。

そうそう、グーゲンハイムと言えば、帝国ホテルを建てた巨匠による、カタツムリ巻きの設計が有名だが、デザイン性重視によるトイレの機能性の薄さについては、いつまでたっても好きになれない。