カテゴリー別アーカイブ: 3. イベント探検隊

「最近ね、植物にハマってるんだ」

と話したら、間髪入れず友達に「それは歳だよ」とズバッと言われました。

「まず動物がきて、次に植物がきて、最後は石にはまり出すらしいよ!」

と。

そう言われると当たってるかも。しかもすでに、クリスタルでできた、本をおしゃれに挟んで固定するやつとか欲しいと思ってたし。。。

もう私、「石」の段階に差し掛かってる。。。?

そんなわけで7月にひとつ歳を重ねた筆者です。

誕生日には私の背丈くらいある植木を買いました。ハンギングプランターも、我が家には残念ながらもう吊るす場所がないという有様です。

☆☆☆

去年の夏は涼しめの日が多くて拍子抜けでしたが、今年はしっかり夏!という暑さが続いてます。

しかも暑いだけじゃなくて、湿気がすごいんです。蒸し蒸しと暑いなーと思ってたら、夕方には周りの音が全く聞こえなくなるくらい激しい夕立がザザ降りして、ずぶ濡れてボロ雑巾のようになりながら帰宅することがしばしばあって困ります。

ここは熱帯雨林か?

NicolinowithMac1my コンピューターも暑くて大変そう。動きが鈍くて「ウォーン」とか悲鳴をあげてる時には、氷枕を下に敷いて作業しています。

お友達が日本から持ってきてくれた、固くならない優れもののアイスノンです。寝るときにも重宝しています。

あ、このニコリーノ可愛いですね。可愛いすぎるので寄りでもう一枚。

NicolinowithMac2

マホぴはいよいよ夏バテ気味なので、次のブログは君が書いてくれるかな?

☆☆☆

さて、氷つながりで、イベントの話題を。夏の蒸し蒸し攻撃にヘロヘロになっていた矢先、涼しげなこちらのイベントにご招待いただきました。

HoppyOkamoto1

日本で大人気のホッピー(Hoppy)と、ニューヨークで氷の彫刻といえば!の Okamoto Studioさんのコラボイベント、その名も

自分で削った氷の my ジョッキで、ホッピーを飲もう!

ものすごく夏らしくて最高にクリエイティブでめちゃくちゃ美味しそうで超絶楽しみそうすぎるではないですか。とうわけで、張り切って行ってきました。

HoppyOkamoto2

HoppyOkamoto3

じゃーン。

私の作ったお魚です。氷ってこんなに優しい力で削れるとは知らなかった!

ちなみにこちらはご一緒したKyoko師匠のジョッキ。(何の師匠かはまた別の投稿で)立派な富士山です。HoppyOkamoto4

フォーク(みたいな氷の削り器)を手に取るや否や、感覚に任せてサクサクと削り始めたわたしを横目に、Kyoko師匠は5分くらい氷を回したり手をかざしたり目をつぶってぶつぶつ言ったりしながらデザインのシミュレーションしていました。その時の目つきの鋭さが半端なかった。一方のわたしが「ま、これでいいかな、お腹すいたし」と早々に作業を切り上げ、バーベキューのブースを往復し、Kyoko師匠の真横でお皿をまるまる平らげてる最中もなお、Kyoko師匠は脇目もふれずに一心不乱に削り続けていました。

さすがの完成度です。

HoppyOkamotoMugs

Kyoko師匠のジョッキは、黒ホッピーを入れたら、その富士山噴火してる?という感じに。他のゲストからも「ワオ〜!ボルケーノ(火山)!!アメ〜ィジング!!!」とか言われて写真を撮られてました。

師匠、さすがです。

ホッピーは、白の他に、赤や黒もあるそうです。わざわざ日本に帰らなくてもいいんです。ニューヨークでもいただけますので、みなさま是非!

Hoppy Okamoto5

ホッピーを応援しよう:
Facebook: @HoppyBeverageNewYork 
Instagram: @HoppyBeverageCo #hoppynyc #ホッピー

HoppyOkamoto@OKAMOTO STUDIO

☆☆☆

そうそう、氷にはニコリーノもたいへんお世話になっていますよ。

夏はふわふわ毛皮を持つうさぎの皆さんには厳しい季節ですが、暑い時の強力な助っ人が、凍らしたペットボトル。我が家でもシェルターでも大活躍しています。

実は、ニコリーノはもともとペットボトルが相当嫌いでした。いつも寝ているところにそっと置くようにしていたのですが、どんなに細心の注意を払ってそぉっと置こうとも、すぐに飛び起きていたんです。どんなに白目をむいてお腹を出して寝ていようとも、横にペットボトルが現れるや否や果敢に戦いを挑む姿がいたいけでしたが、3年目にもなってようやくその機能を理解した(諦めた)ようで、最近は仲良く一緒に並んで寝ています。

BunnyCondo20162

気まマホ日記を訪問してくださる皆様も、どうぞ夏バテや夏風邪など召されませぬよう。

暑中お見舞い申し上げます。

広告

街はファッション色

毎年恒例のファッションウィークが先週からニューヨークでも始まりました。この時期に色づくのは木々の葉っぱだけではありません。色とりどりの個性的なファッションに身を包んだ世界各国のおしゃれピーポーがニューヨークの街角を彩ります。

ファッション関連で、週末は日本発のブランド「Han Ahn Soon(ハンアンスン)」さんのオープニングレセプションにご招待いただきました。10月22日までサウス・ストリート・シーポートのお店でポップアップストアをオープンしているそうです。

SEAPORT STUDIOS
http://www.seaportstudios.com

HASshopHAS1HAS2再コラボが実現した「ガッチャマン」のクッキーもあったよ↑

お洋服は、ひとつひとつ模様や素材の組み合わせなどのデティールが凝っているものばかりで素敵でした。特に正面のマネキンとハンさんが着ていた、細かいプリーツが縦に入ったノースリーブワンピが印象に残りました。同じスタイルで丈がロングとショートの2種類あり、柄もストライプとチェックとハンさん&マネキンがお召しになってた花柄、といろいろありました。
HASfb

(Photo by Hayato. fb公式ページより)

ファッションウィーク(どーん)!!!!!めるせですべんつ(どどーん)!!!!!!!!!!

というとバブリーな響きですが、今年からベンツ様もスポンサーを降りたそうですし、バブってなくても雰囲気を味わうことはできます。例えばこんな感じで。

はっはっは。

犬たちのハロウィンパレード

スカッと気持ち良いお天気が続くニューヨークの街は、31日のハロウィンに向けて大忙し。お店のインテリアやショーウィンドーには魔女やコウモリが登場し、スーパーやファーマーズマーケットではSquashやPumpkinが幅を利かせています。美味しそうなかぼちゃ(「Kabocha Squash」というよ)を手に入れたので、わたしもパイを焼こうかな。

大パレードを来週に控えた人間たちより一足お先に、今週末は犬たちのパレード「Tompkins Square Halloween Dog Parade」が盛大に行われました。今年で24年目だそう!

DoggyHalloweenFrozen? DoggyHalloweenFarmerさやえんどう犬↑

DoggyHalloweenShakeShack DoggyHalloweenBakatonoDoggyHalloweenWitchもはやどこに犬がいるのか…↑

DoggyHalloweenGothicLoritaDoggyHalloweenHulaDoggyHalloweenSpider哀愁の漂い方がすごい↑ 靴も履いてるよ。

DoggyHalloweencaterpillarDoggyHalloweenNY車椅子でも何のその、ニューヨークをしょって歩きます。見えないけどTシャツも「I ♥ NY」↑

DoggyHalloweenTitanic今年No.1に輝いたのはこちら。どうか沈みませんように↑

DoggyHalloweenAdoptMe!近隣のシェルターから、ボランティアさんが飼い主募集中の犬たちを連れてきてました↑

ご覧の通り、とってもクリエイティブです。中には、犬よりも飼い主の仮装に気合いが入ってたり、犬が巨大アートの一部になっていて、もはや仮装なの?という作品も。わたしは用事があって途中で抜けなきゃいけなかったのですが、その後も盛り上がってすごいことになってたらしい。

↓以下はFBページから拝借。もっと写真を見たい方もそちらへどうぞ。

DogHalloweenFB5 DogHalloweenFB8 自由があまりない自由の女神。いーっ↑DogHalloweenFB4 DogHalloweenFB3まさかのローマ法王まで↑

DogHalloweenFB2 DogHalloweenFB1DogHalloweenFB6Photo by Stacie Joy

ちょっとかわいそう?っていう仮装もあったけど、飼い主さんとの絆のなせる技でしょうか。この悟りきったような(諦めきったような?)表情。みんな、なんてお利口なのー。

しっかり役目を果たしたんだもの、あとでたっくさんTreat(おやつ)をもらうんだよ!

生・初音ミクちゃん!ライブコンサート@HATSUNE MIKU EXPO 2014 in New York

うおー!!世界的に有名なパーチャルシンガー/ボーカロイド(※)の初音ミクちゃん+他のボーカロイドメンバーのライブ・コンサートに行ってきました!去年のコミコンのパネルを紹介したときにはもうすでにとてつもなくご活躍でしたが、今年も彼女の躍進は加速して継続中。「HATSUNE MIKU EXPO 2014」という海外の総合イベントの一環でNYとLAとインドネシアでライブ・コンサートや企画展を開催し、さらにさらに、あの有名なアメリカのトーク番組 「Late Show with David Letterman(深夜のファンキーなアメリカ版「徹子の部屋」って感じか)」にゲスト出演されたそうです。すごい…。

※ヤマハが開発した音声合成技術、及びその応用製品の総称。

Hatsune Miku Expo 2014: http://mikuexpo.com

MikuExpoLineTill9thAve@Hammerstein Ballroom。入り口は8aveのところだったのですが、9ave付近まで行列が伸びました。関連コスプレの方々もたくさんいたよ。

MikuExpoFloor満員御礼。

mikustageいよいよ、始まった!

音も、映像も、光の演出も、とにかくすごい!ライブがばーんと始まったときには、ビリビリビリ〜!!っと身体に電気が走ったような、肌で感じるド迫力。バンドの生演奏も最高だし、煙は吹き出すわ、花火は飛び出すわ、リボンは舞い踊るわの大騒ぎで、たいへんに盛り上がりました。

何百年前に描かれただろう天井のキリストさま的なお顔も微笑んでいる。地上で大盛り上がりを見せる、極東からきた最先端テクノポップとのギャップがいい感じ。

mikustage1

今回披露された彼女の楽曲は、一般の人も含めたユーザーみんながミクちゃんを利用して作詞作曲したオリジナル楽曲(10万曲以上あるそう!)の中から選ばれたものだそうです。きっとこの日のオーディエンスの中にも自分の楽曲が披露されたユーザーが来ていたのではないかな。作詞作曲だけではなく髪色や衣装や振り付けも自由に創作できるそうで、それぞれ楽曲のパフォーマンスがバラエティに富んでいました。

これぞ、新時代の参加型コンサート!!!

会場でビシビシ感じたのは、新たなクリエイティビティ発揮の場を提供してくれ、誰もを「アーティスト」にしてくれる素晴らしい発明「初音ミク」の存在を心から祝おう!という一体感です。

MikuStageCloseUpはて。そういえば。バーチャルなのに、どうやってライブ・コンサートでパフォーマンスしたり、トーク番組に出演したりできるんだ!って思いました?

説明しよう。レーザー光線を使って立体画像を記録したフィルム(ホログラム)が、目の前で歌って踊る3Dのミクちゃんの実現を可能にするのだ!見よ、この足の先から髪の毛の先までキレッキレでリアルな動き。これは、体中に無数のセンサーをつけた、ミクちゃんと背格好の近い実際のダンサーさんの動きを元に再現されたそうですよ。

登場したり、ハケたり、お色直ししたりだって、一瞬で行います。さらに、分身だってお手のもの。これらは、生身の歌手じゃできない彼女の専売特許ですね。

Mikustage3「Tell Your World」のステージング。最強。

実は、光栄にも、ミクちゃんのご両親・クリプトンフューチャーメディア株式会社社長の伊藤博之さん&ゆりさんご夫妻とお話しさせていただく機会がありまして、中でもゆりさんが、Google ChromeのCM曲にもなった「Tell Your World」という曲(ビデオあり↓)の歌詞がまさに初音ミクによって自分たちが実現したかったことを表しているんです、とおっしゃっていたのが印象的でした。

歌詞の一部を引用。

君に伝えたいことが

君に届けたいことが

たくさんの点は線になって

遠く彼方へと響く


君に伝えたい言葉

君に届けたい音が

いくつもの線は円になって

全て繋げてく 
どこにだって

「初音ミク」を通して生まれた作品が、インターネットの波に乗って、たくさんの人を、世界を、そして未来を、ものすごいスピードで繋げていく様子が想像できるようですね。

コンサートの様子は、アメリカではCBSで放送されました。日本では、11月15日にWOWWOWで放送される予定だそうです!

MikuDoll祭りの後。遠く札幌から応援にかけつけた「雪ミク」さんと。

Mr.ItoSigningItashaファンが改造した初音ミク車にサインをする博之さん&後ろで微笑むエンパイヤ。

ItashaMikuBackplateこの車、バックナンバーまで抜かりなし…!すごい。ところで、「イタシャ」とは、イタリア製の車ではなく、こういう風に「痛い」車のことを言うのだそうで。知ってた?

会場の外では、自慢のコスプレやオリジナルのミク作品を披露し合うファン同士の和気あいあいとした姿がたくさん。リアル&バーチャル両方の世界でこうして生まれるコミュニケーションの連鎖が、ミクちゃん世界的大ヒットの原点なのだなぁ、としみじみ。Miku'sParentsand Supporters

あらためまして、伊藤博之さん&ゆりさんと、一番左はコミコンでもミクちゃんを強力サポートしていた国際交流基金の大平幸宏さん→
今や世界一有名な日本のアイドル・初音ミクちゃんは、政府も太鼓判を押す日本文化の代表なのだ。

関係者のみなさまとお話しさせていただいたおかげで、わたしまで勝手に家族の一員になったような気持ちで、初音ミクちゃんの一大プロジェクトの大成功に胸がいっぱいになりました。感謝感激です。

ミクちゃんの躍進はすごいなー。わたくしめの稚拙なブログだとそのすごさが伝わるか心配なので、ウィキ作先生のページも合わせてどうぞ。(って最後に丸投げーーっ!)

進化する月子@NYCC

ボンジュール、じゃなくて、ハーイー。もうNYに帰ってきています。パリ編の前に一発どん!!

今週末は、世界のオタクを熱狂させて止まないニューヨーク・コミコン(New York Comic Con)が開催されました。なんだかんだで毎年行ってるのですが、年々熱さを増しているような気がします。今年は全4日間すべてのチケットが、発売開始後の数時間で完売したそう。

comicon2014↑最終日の夕方なのにすごい人。人。人の波。

comicon2014-3↑Maho的仮装大賞。コミコンとかハロウィンとか、10月は仮装強化月間ですな。

時差ぼけと靴擦れと筋肉痛の身体を引きずってこちらに向かったのは(って、ぜんぶ治ってないじゃんか…)、もちろん「Flesh for the Beast~ Tsukiko’s Curse」を応援するため。

Comicon2014Tsukiko2↑大きいポスターがあった!たくさんサインしたよ。

ここで、FFTBからビッグニュースが!なんとなんと、配信先がNetflixというアメリカの最大手有料動画サイトに決まったそうです。来年1月5日から。その後は、その他の有料サイト(AmazonやPlaystationなど)での配信を経て、DVD販売される予定とのこと。

FFTBチームのみんな、本当におめでとう!

↓月子のグッズ化は進む。Tシャツになっとりました。じゃん。
Comicon2014Tsukiko配信に合わせて次はソーセージデビューも果たします(ウソ)。comicon2014-2「一緒に盛り上がってくれてありがとね!」