カテゴリー別アーカイブ: 2. エンタメざんまい

「Cymbeline」 @Shakespeare in the Park

前回ご紹介した Japan Cuts の他に、わたしが夏になるといつも楽しみにしているイベントがこれ。

Shakespeare in the Park!!

シェイクスピア・イン・ザ・パーク!!!!

文字通り、セントラルパーク内にある Delacorte Theater にて毎年夏に開催されるシェイクスピア舞台劇の野外公演です。Cymbeline1何がすごいって、キャストも演出も舞台美術もブロードウェー並みに豪華(実際アル・パチーノさんが出演した「ヴェニスの商人」はその後ブロードウェー劇場で公開された)なのに、なんと誰でも無料で楽しめるんです。

開催元の The Public Theater 公式ウェブサイトによると、チケットのとり方は4種類あります。

  1. セントラルパークで並ぶ
  2. オンラインの抽選で当てる
  3. Astor Place の劇場の抽選で当てる
  4. 200㌦以上払ってサポーター(Summer Supporter)になる

わたしは1と2でチケット入手を試みたことがあります。

1はお昼の12時に配られるチケットを求めて朝早くから並びます(セントラルパークは朝6時に開くのでそれ以降)。もしくは開演直前に配られるキャンセル待ちチケットを求めて午後から並びます。友人とお弁当やおやつを持ってピクニック気分でいくと待っている間も楽しめるのでおすすめです。

2は公式ウェブサイトのページからアカウントをつくって深夜12時以降に当日のチケットの抽選に応募し、お昼に合否が発表されます。

Cymbeline写真はただ今絶賛公開中の「Cymbeline(シンベリン)」。今まで観たシェイクスピア・イン・ザ・パークの中でもわたしのイチオシです。ぜひぜひもう1度観に行きたい。誰かチケット当てたら誘ってください。(太字にしてみました)

あらすじはWiki作先生のページを参照:シンベリン

読んでいただくとお分かりかと思いますが、男装あり、眠り薬あり、勘違いあり、生き別れあり、剣の戦いあり、裏切りあり、嫉妬あり、リベンジあり、許しありと、シンベリンはシェイクスピアの他の劇の要素をすべてぶちこんだ劇、などと言われるくらいかなりややこしく盛りだくさんなお話です。登場人物もわさわさ出てくる上に、俳優はみなひとり2役以上演じているので、あらかじめ知識を入れておかないと混乱するかもしれません。シェイクスピアが最後に書いた作品のひとつと言われており、彼の劇の中ではとくにマイナーなほう。演じられることはまれだそうです。

しかし!マイナーな劇だからってあなどるなかれ。このプロダクション、ミュージカル「Book of Mormon」以来かもしれないっていうくらい激しく笑って顔が痛くなりました。ひとり2役以上演じる上に歌もダンスもこなす俳優さん達の芸達者なこと!笑えるだけでなく、泣きどころや心臓飛び出しどころもしっかり用意されていて、隙が全くありません。

わたしが行った日の他の観客も大喜びで、最後のクライマックスなんて拍手と歓声がすごすぎて劇場が揺れていました。俳優さんたちがカーテンコールで出てくる前にもうすでに総立ちのスタンディングオベーション!という盛り上がり様でしたよ。

CymbelineMシンベリンには通常の観客席の他に、舞台上の両側に2列の観客席が用意してあります。舞台席用のチケットは腕輪でした(写真)。好みによりますが、どちらの席でもそれぞれ楽しめること間違いなし。

そうそう、観にいかれる方は、素晴らしい舞台セットにもご注目ください。

実は一緒に観劇した J氏は Shakespeare in the Park の舞台セットを組み立てる仕事をしているまさにご本人で、公演が終わり大満足で劇場を後にする観客をながめながら「自分のやってることが多くの人を楽しませている様子をこうして確認できるのはいいね」としみじみと口にしていました。わたしはそれを聞いて、ほんとだよ!なんて素敵だよ!!と横で感激しましたよもうほんとに。

というわけで、J氏と仲間達が手塩をかけて作り上げた舞台セットの写真はあえて載せません(そもそも撮影禁止)。ぜひ劇場で生でご堪能くださいね。

セントラルパークの無料シェイクスピアの伝統は、今年で52年目だそうです。「Cymbeline」は今月23日まで。アートっていいな、ニューヨークっていいな、と生きている幸せをかみしめられる Shakespeare in the Park、この夏もどうかお見逃しなく!

Cymbeline
July 23 – August 23
The Delacorte Theater in Central Park (5 minute walk from w81st street entrance)
All performances at 8pm

イモジェン迫真の演技★★★★
クラタン迫真のおなら★★★★
ワンちゃん救出の決断★★★★☆
観客用レインコートの強度☆

広告

安藤サクラさん @JAPAN CUTS 2015

Japan Society で今月9日から19日まで開催されていた日本映画の映画祭 Japan Cuts に行ってきました。去年のブログ記事はこちら

JapanCuts2015CUT ABOVE 賞 for Outstanding Performance in Film 授賞式での安藤サクラさん。去年と今年と合わせてジャパンカッツで彼女の作品を3作観ました。

どれも面白かったけれど、今年観た「100円の恋」がとくに印象的でした。アラサーひきこもりダメダメ女がふとした機会にボクシングに目覚めて画期的な自己改革を遂げるお話。女性版ロッキーだよ、と紹介されて観に行きました。

Sakura@JapanCutsトークバックとその後のパーティーでサクラさんのお話をうかがって驚愕したのが、この2時間弱の映画、なんと2週間ですべてのシーンを撮り切ったらしいです。2週間ですよ。す、すすす、すごい。

その短期間の間に、自堕落からアスリートへ、という主人公の身体の変化にリアリティを持たせるために試行錯誤したという彼女のお話もものすごく面白かったです。

筋肉よりも脂肪のほうが落としやすい、というセオリーに従って、3ヶ月のボクシングトレーニングで培った筋肉の上に脂肪をたっぷりつけて撮影に入り、体重MAXのときに自堕落なシーンをまとめて撮影、その後はエクセサイズで脂肪だけを削ぎ落しながら撮影しアスリートとしての成長を演出、という作戦を決行したそうです。

撮影開始4日間は、体重だけでなく、むだ毛もあえて伸ばし放題にし、歯を汚くするために歯医者にも通って、もう思いつく限りすべての手を尽くして見た目を汚くする努力をしたそう(毛と歯は映らなかったですねぇと笑ってらっしゃいました)。そしてその後は最終日の「最終試合シーン」までの12日間で一心不乱に身体を締めていったんですと。

もうね、さくらさんのこのコミットメントは画面からしっかり伝わりました。彼女はこの映画でキネマ旬報ベストテンやブルーリボン賞などの主演女優賞を受賞されています。観終わった後の爽快感ハンパなかった!

JapanCutswithLeo「100円の恋」の他にも今年は5つほど映画を鑑賞しました。

ジャパンカッツにはヒット作品も招待されますが、わたしの楽しみは素晴らしいインディペンデント作品に出会えることです。「売れる」こと以上の使命を持って生まれた映画を楽しむことができ、Q&Aで制作関係者のお話をうかがうことができ、さらにニューヨークの日本映画コミュニティの温かさを感じられる、というまたとない貴重な機会。

毎年夏には欠かせないイベントです。

映画「Jurassic World(ジュラシック・ワールド)」からのグリーンカード語り

ずーっと前から公開を楽しみにしてた「Jurassic World」をさっそく観てきました!

せっかくだから話題の iMax 3D で観なきゃだぜ!と思い、朝9時にお友達のYurikoを呼び出して、ニューヨーク市内のAMCの中でiMaxのスクリーンが一番おおきいというリンカーンセンターの映画館に行ってきました。

もうね、最高に楽しかったです iMAX。アイマックスばんざい。てくのろじーバンザイ。始めから終わりまでジェットコースターに乗っているみたいにワーキャー叫びながら突っ走りました。終わった後の燃え尽きて灰になった感ハンパない。頭まっしろになります。

後から思い返すとストーリーやキャラクターに関してはいろいろと突っ込みどころ満載なのですが、観ている最中は、ワクワクどきどきハラハラしっぱなしで、目やら心臓やらが内側から何度も飛び出てくるのを抑えるのに必死で、それどころじゃありませんでした。

みなさまもぜひ、この機会にあいまっくす映画館へゴーゴーゴー!!

…ところで、iMAX 3Dと普通の3Dの違いをご存知の方いますか?

そもそもiMAXってなぁに?

JWwithYuriko

そうそう、Yurikoはニューヨークで俳優/ダンサー/シンガーとして活躍している心強いお友達のひとりなのですが、最近グリーンカードをとったそうです。おめでとう!

彼女の苦労話や情熱に心を動かされた勢いにのって、アーティストグリーンカード(EB-1永住権)&アーティストビザ(O-1ビザ)についての投稿をハフィントンポストに公開しました。

The Huffington Post
「アーティストグリーンカード(EB-1永住権)申請当時に誰かに教えて欲しかったこと」Screen Shot 2015-06-22 at 7.58.38 AM

せっかくなのでYurikoのかっこいい写真を使わせてもらった。

オリジナルの投稿(今回のために一部アップデートしました)は1年以上前に書いたのに、いまだにたくさんの方が読んでくださっているようで、日本人アーティストのみなさまの、アメリカ進出へ関心の高さがうかがえます。

今回お話ししたことはあくまで個人的な経験に基づくものですが、わたしなりに一生懸命取り組んで学んだことの中から、読者のみなさまにとって役に立つことが何かひとつでも見つかったとしたらうれしい限りです。

映画「BIRDMAN or(The Unexpected Virtue of Ignorance) 」/「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ軌跡)」

ちょー面白かった。も1回みたい。

マイケル・キートンさん主演の映画「BIRDMAN(バードマン)」。birdman

正式な題名は「Birdman or(The Unexpected Virtue of Ignorance) 」、邦題は「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ軌跡)」。

あらすじ等はアスク・ミスター・Wiki。簡単に言うと、かつて「バードマン」というヒーローもので一世を風靡した落ち目俳優リーガンが、ブロードウェー主演のチャンスをバネにして役者として起死回生をはかる物語。スーパーヒーローものではなくコメディだ。

かつて「バットマン」を演じて一世を風靡した後、表舞台で長らく日の目を見なかった主演のマイケル・キートン氏とこのリーガンがかぶる、かぶる。

パロディ?!これ完全にパロってるよね?!?!という描写もたくさん。

監督は「バベル」を演出したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥさん。圧倒的な映像美をつくりだした撮影監督は、「ゼロ・グラビティ」を撮ったエマニュエル・ルベツキさんだ。

スピード感があって手に汗握るシーンの数々は、俳優の表情が細部まで見えるクロースアップ(接近撮り)のたまもの。これでもか!っていうくらいのドアップに続くドアップは、もうくどい!と言いたくなるくらい。この臨場感が独特の世界観を演出する。CGもふんだんに使われていて、リーガンが自分のエゴやクリエイティビティのメガネを通して見ている世界をオーディエンスのわたしたちも同時体験できる。

ちなみに、クロースアップで長まわしって、作る側は考えただけで吐きそうなくらい大変なことだ。編集で後からカバー、ということができないので、ちょっとでも俳優が予想外の動きをしたりカメラがターンするタイミングが遅かったりしてピントが外れればそれで撮り直し。

凄腕の撮影監督といい俳優が力を合わせて、かつカメラリハーサルにものすごい時間をつぎ込まないと実現は不可能だ。現場ではスタンドイン(※)も大活躍だったことだろう。
(※照明やカメラのピントや動きなど技術的なことを確認するために、メインの俳優の前にセットに入って同じ動きをやる俳優。メインの俳優がいい演技をするための集中できる環境づくりに欠かせない、映像作品の影の立役者だ。)

クロースアップのおかげで細部まで堪能できる俳優さんたちの演技も素晴らしいの1言。彼らのインタビューを読むと、インプロ(アドリブ)も多かったようだ。

さらに特筆すべきが、その撮影/編集スタイル。映画全体を通してシーンが1度も切り替わらず、カメラをずーっと長まわししているようなワンカットになっているのだ。もちろん繋ぎ合わせているのだろうが、編集点がどこかだ全くわからない。すごい。

このワンカット効果と、クロースアップの効果が相まって、もう臨場感ありすぎ。

わたしはどこで息をすればいいの。

リーガンの周りの人間関係に腹が立ったり胸が熱くなったり、老いも若きも各キャラクターの価値観や世界観にしみじみ共感したり、ヘぇブロードウェーの舞台裏ってこんなんなんだーNYタイムズの批評家ってこんななんだー、と驚いたり、たりたり、とにかく見所は満載。

個人的にはパンツ一丁で大暴れする中年男性キャラたちが愛らしいことこの上なかった。

もうね、椅子をぎっこんばったんして大笑いできること間違いなし(これで、監督はコメディ初演出ですと!?)で、「アウチ!」とか「オーマイガー!」とか声が出ちゃうのもしょうがない感じなので、これは映画館でみんなで一緒に観るのがおすすめ!!特に今回は俳優組合のスクリーニングだったので(周りがみんな俳優)もう熱のボルテージがはんぱなかったです。

トレイラーポン!ドコドンドン!!ドラムビートもいいねー。

日本では、2015年春よりTOHO系で全国公開だそうですよ。

「猫侍(Neko Samurai ~Samurai ♥ Cat~)」@ジャパン・カッツ

「猫侍」という映画を観ました。英題に座布団1枚!

猫侍公式サイト(日本語) http://nekozamurai.info

毎年夏にジャパンソサエティーで行われる「ジャパンカッツ(Japan Cuts)」は、日系の新映画がどどどーっとラインナップされちゃう&出演俳優や監督やプロデューサーさんなどからのお話も聞けちゃう贅沢な映画祭です。北米最大の日系映画祭と言うことで今年も大盛況だったそうですが、特にこの「猫侍」は、チケットが驚きの早さで完売したとジャパソのナデシコ・まさこ嬢がおっしゃっていた。当日のキャンセル待ちリストにも長蛇の列ができていました。

チケットはアフターパーティー込みだったので、猫ラバーだけでなく、ゲストでいらした俳優の北村一輝さんラバーが殺到した結果か。japancutsposter

北村さんはこの映画祭で、the CUT ABOVE Award for Excellence in Film という、映画を通して国際的に活躍&貢献された方に贈られる賞を受賞されました。

この「猫侍」、上映前のトークバックにて北村さんが、

「最近の日本は、次につながるために商品として売れる作品や映画賞ねらいの作品が多いように感じていて、でも自分は映画は100%お客さんのためのものだと思っている。「猫侍」は、おじいちゃんおばあちゃんから子どもまで、家族みんなで楽しめるエンタメ作品を作りたいという思いから生まれました。」

とおっしゃっていた通りの作品でした。一緒に楽しんだ隣の席の方とも話盛り上がったし。さらに北村さんは、

「…なので、映画の質とかは二の次だったんですけど、まさか賞をいただけるとは…」

と続けて、会場をどわっと笑わせていらっしゃいました。なにをおっしゃるうさぎさん。

映画もさることながら、北村さんと共演してらっしゃるこの猫ちゃんが、もうね、とっても愛らしくて芸達者で、彼女が登場するたびに、「あは〜ん」「おぉ〜ん」と悶絶した人々の甘いため息&喘ぎ声がもれる、もれる。「かわいい」の過剰摂取によって、上映後に電気がついた時にはとろけてトロトロになった姿があちこちに。

だってね、みてみて、この瞳ヤバくない?↓Samuraicat

わたしもバター化したい!と思った猫ファンの方に、朗報!

ジャパンソサエティーでは来年の3月から平木浮世絵コレクションを中心としたにゃんとも猫だらけな猫の浮世絵の展覧会(!!タイトル未定)を検討中だそうなので、彼らのアップデートに乞うご期待です。

japancuts(写真はすべてネットより

「猫侍」の他にも面白い作品がたくさんありました。例えば、「太秦ライムライト」という映画!時代劇の聖地・太秦で活躍する「斬られ役」のエキストラの達人のおじいさまにライムライトを当てた作品で、時代の移り変わりの中でのこのおじいさまや周りの人々の信念や葛藤や成長を描いたヒューマンドラマ。ユーモアたっぷり。ネタ満載。そして日米合作。現在、日本でも公開中だそうです。日本のエンタメの明るい未来のためにも、こういう素晴らしいインディー映画をどんどん観にいきましょーう。

いやーいやー、3年前に初めて訪れて感激したジャパンカッツ、今年も気合い入ってました。上映される映画のセレクションにソウルを感じます。責任者の Joel さんとお話をさせていただいたのですが、彼がジャパンカッツのラインナップを選ぶために観た映画の本数の多さにぶったまげました。商業ベースの映画はいつでもどこでも観やすいけれど、そうではない素晴らしいインディー作品にも出会えるのは映画祭ならではですよね。

ジャパンカッツは日曜で終了。今年も素敵なイベントを実現させてくださったジャパンソサエティーのみなさま、スポンサーのみなさま(サッポロビールさん!ユニクロさん!!などが強力サポート)、関係者のみなさまに感謝です。来年も楽しみだー。