カテゴリー別アーカイブ: 5. ビザ/グリーンカード

渡米10年目にしてオフ・ブロードウェイ・デビュー。私がニューヨークに居続ける理由。

IMG_1663何度見ても写真に収めたくなるマンハッタン・スカイライン

2018年、6月3日。

その日、私はマンハッタンの劇場にいて、自分にとっていわゆる「オフ・ブロードウェイ・デビュー」となった舞台『Time’s Journey Through a Room』(*1) に出演していました。

2009年、6月3日。

その日、私はグランド・セントラル駅の近くにいて、「Heavy」のスティッカーが貼られた巨大なスーツケースを引きずりながら、途方にくれていました。ジョン・F・ ケネディ国際空港から市内に向かうバスの中で、パスポートと所持金のすべてを盗まれてしまったからです。財布は空っぽ、頭は真っ白でしたが、この日から憧れのニューヨーク生活が始まると思うと、胸は期待ではち切れんばかりでした。

6月3日は、私の渡米記念日です。

今年の記念日をもって、私のニューヨーク在住歴は丸9年となり、10年目に突入しました。

IMG_1674 (1)

—10年後を知っていたら、ニューヨークには来ていなかったかも。

毎年この時期は、「渡米当時の私が、今の私を見たらどう思うだろう」というようなことを悶々と考えてしまいます。

6月までの間、上記の舞台に参加できたことは、我ながら身にあまる光栄だったと今でも思います。ただ、渡米当時の私に、「あなたは9年経たないとオフ・ブロードウェイ・プロダクション(*2) の舞台には立てないよ」、という事実だけを教えてあげたら、彼女はとっとと日本に帰ってしまったかもしれない、とも思います。

あの時は、ニューヨークで頑張ったら、きっと、ぐんぐんスキルアップして、いろんな仕事ができて、楽しい未来が待っているはず!ということばかりを考えていて、知らなかったこと、わかっているつもりでわかっていなかったことが多すぎました。

—ここが辛いよ、ニューヨーク。

どこに住んでいようとも困難はつきものですが、外国人としてアメリカ合衆国で生活していくのは、決して簡単とは言えません。

まず、外国人である私たちは、ビザを取って、それを存続させていないと、この国には住み続けられません。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、俳優として働くために必要なアーティスト・ビザ(O-1)や、アーティスト・グリーンカード (EB-1) を取得するためには、多額の費用と、これまでの実績を証明する長い長いプロセスが必要です。

自分が一生懸命積み上げてきた実績が全否定されるかのような敗北感、拠り所にしてきた価値や信念を嘲笑われるかのような屈辱感、常に演じる仕事に関わっていないとアメリカには居られないという焦燥感と恐怖が、ビザ取得の過程にはついて回ります。また、実績を証明するために必要な推薦状を求めて頭を下げて回る中で起こり得るパワー・ハラスメントやセクシャル・ハラスメントの数々を、私は何度も見聞きしてきました。

外国人が学生の間は、特別な許可をもらわないとお金を稼げませんし、就労ビザを持っていても、登録済みの雇用主以外とは仕事をしてはいけないことになっており、アルバイトなどの副業も基本的にはできません。それにも関らず、生活費、学生ローン、必要経費の数々は、容赦なく財布と銀行口座に襲いかかります。高騰し続ける家賃は東京の3倍4倍(*3) はするかというほどで、人見知りを我慢して数人とルームシェアをして寝どころを確保するも、家主やルームメイトとのトラブルは日常茶飯事。ラーメンだって、メンマと替え玉を追加注文すれば1杯20 ドル (約 2237円) は当たり前。仕方がないから同じものばかり食べていると、栄養不足でやつれたり、抵抗力が落ちて寝込んだりします。

さらに、仕事でも私生活でも、1秒で「言葉がわからない人」というレッテルを貼られ、身構えられてしまうレベルの英語しか話せなくても、自分の考えを主張し続け、自分は「どこの馬の骨かもわからない」者ではないことを証明できなければ、誰も足を止めて向き合ってはくれません。

もちろん、日本の家族や友人にも気軽には会えません。大切な人が亡くなったり、病気や怪我をしたり、事件や事故又は天災の被害にあっても、すぐには駆けつけられません。このために眠れずに過ごした夜は数え切れません。私にはこれが一番辛かった。

他にも挙げればきりがありませんが、このように、ビザ、お金、言語、人間関係、心身の健康などの面で、果たしてニューヨークにいる意味はあるのだろうかと自問自答させられる場面がこれほど多く訪れるとは、渡米当時は想像できていませんでした。

—それでも居たい、ニューヨーク。

では、私はなぜニューヨークに居るのだろう。9年間も居続けてしまったのはなぜだろう。

こちらでアメリカ生活の大変さを回想していたら思わず泣きそうになりましたが (笑)、ニューヨークに住んだ9年は、決して辛いことだけではありませんでした。住んでみないとわからなかったニューヨークの素晴らしさも、たくさん知ることができました。

自分の才能や技術の不足ぶりに絶望した時に、思わぬところで評価を得たり。もう終わりにしようと思った時に、思わぬチャンスが舞い込んできたり。

私個人の生活を振り返ると、そんな小さな希望の糸を必死に紡いで命綱にし、まだやろう、あと少しやろう、と思っているうちに、汚くてうるさい地下鉄にも慣れ、訛りのある英語も大声で話すようになり、チーズケーキの大きさにも驚かなくなり、マンハッタン内の自転車走行が安全な道を熟知し、1ヶ月の食費を150ドルにする節約術を覚え、キャットコールをされても物怖じせずに睨み返すようになり、ゴキブリやクモを殺すことなく窓の外に逃がす技を習得し、近所のハトたちの顔の見分けがつくようになり、気がついたら9年経ってしまった 、というのが正直な感想です。

ニューヨークは、「個」を尊重する文化があり、チャンスの扉が開いている街です。キャリアや家族の形などに関して多様な生き方を選択をしている人たちが身近にいて、「私もこういう人間になりたいな」と思わせられるロールモデルには事欠かない街です。

「個」を尊重するからこそ孤独が浮き彫りになり、チャンスがたくさんあるからこそ競争が激しく、選択肢が多いがゆえに価値観や考えが相容れない人同士が衝突します。しかし、それを補って余りある街の魅力が、きっと結果的に9年もここに居てしまったことの理由だろうと思います。

なんだかこう書くと、タチの悪い恋愛にはまるパターンの典型みたいですが、「続けていればいつか何か良いことが起こりそう」、「自分はこれだけ頑張れたのだからもう少しいけそう」、と信じられる場所が、私にとってはニューヨークだったのかなと思います。

—未来への希望と、自分への信頼を手に入れられる街。

「俳優って、自分ではやめどきがわからなくない?やめどきがわからないまま、歳だけとっちゃった俳優崩れみたいな人たち、ニューヨークにはいっぱいいるよね。」

と、かなり昔に日本人のお知り合いの一人に言われたことがあります。かなり昔すぎて、どんな適当な返事をしたかは忘れてしまいましたが、胸の奥で何かがぎゅっと締め付けられたような感覚になったことは、今でも鮮明に覚えています。

未来への希望と、自分への信頼の感覚を与えてくれるニューヨークは、私に限らず夢や目標を持ってやってくる者たちにとっては、ある意味、罪な街なのかもしれませんね。。。

来年は飛躍の年になる、来年は飛躍の年になる、とフォーチューン・クッキー (*4) に言われ続けて、気がついたら人生終わっている、というようなことにならない気がしないでもありませんが、、、

ニューヨーク10年目、私はますます元気です!

(この投稿は、8月6日のThe Huffpost Japanに転載されました。)

IMG_1656


(*1) 「Time’s Journey Through a Room」は、第49回岸田國士戯曲賞を受賞した岡田利規さん作「部屋に流れる時間の旅」の小川彩さん翻訳による英語版の脚本を、ザ・プレイ・カンパニー(The Play Company, The PlayCo)のプロデュースによってオフ・ブロードウェイ・プロダクションとしてニューヨークで上演した舞台。 同プロダクションは、米ニューヨーク・タイムズ紙の「Critic’s Pick(舞台批評家がオススメする舞台)」に選ばれ、その他舞台批評家の間でも好評のうちに千秋楽を迎えることができました。貴重なお時間を割いて足を運んでくださった皆様、支えてくださった皆様に、俳優として関わっただけの私からも心よりお礼を申し上げます。また、このような海外の素晴らしい作品をオフ・ブロードウェイ・プロダクションの舞台としてプロデュースし続けているザ・プレイ・カンパニーの皆様に、心からの感謝と敬意を表明いたします。

(*2) オフ・ブロードウェイ・プロダクションとは、舞台俳優や舞台監督などの組合である Actor’s Equity Association (アクターズ・エクイティ・アソシエーション、AEA、米国俳優協会) の契約のうちの「Off-Broadway Contract(オフ・ブロードウェイ契約)」が適用される舞台で、組合俳優の出演料、1日のリハーサルや休憩の時間・回数、公演期間などに厳密な規定があります。しかしながら、組合の契約が適用されず前述の規定がない舞台でも、「オフ・ブロードウェイ」とだけ呼ばれることもあるようです。

(*3) Business Insiderによると、今年のマンハッタンの平均家賃は3,667ドル (約41万円) /月 だそうです。。。

(*4) 主に中華系レストランで、食事の最後にもらえることがあるクッキー。中が空洞になっており、占いが書かれた紙が入っています。

映画「Jurassic World(ジュラシック・ワールド)」からのグリーンカード語り

ずーっと前から公開を楽しみにしてた「Jurassic World」をさっそく観てきました!

せっかくだから話題の iMax 3D で観なきゃだぜ!と思い、朝9時にお友達のYurikoを呼び出して、ニューヨーク市内のAMCの中でiMaxのスクリーンが一番おおきいというリンカーンセンターの映画館に行ってきました。

もうね、最高に楽しかったです iMAX。アイマックスばんざい。てくのろじーバンザイ。始めから終わりまでジェットコースターに乗っているみたいにワーキャー叫びながら突っ走りました。終わった後の燃え尽きて灰になった感ハンパない。頭まっしろになります。

後から思い返すとストーリーやキャラクターに関してはいろいろと突っ込みどころ満載なのですが、観ている最中は、ワクワクどきどきハラハラしっぱなしで、目やら心臓やらが内側から何度も飛び出てくるのを抑えるのに必死で、それどころじゃありませんでした。

みなさまもぜひ、この機会にあいまっくす映画館へゴーゴーゴー!!

…ところで、iMAX 3Dと普通の3Dの違いをご存知の方いますか?

そもそもiMAXってなぁに?

JWwithYuriko

そうそう、ご一緒したYurikoはニューヨークで俳優/ダンサー/シンガーとして活躍している心強いお友達のひとりなのですが、最近グリーンカードをとったそうです。

彼女の苦労話や情熱に心を動かされた勢いにのって、アーティストグリーンカード(EB-1永住権)&アーティストビザ(O-1ビザ)についての投稿をハフィントンポストに公開しました。

The Huffington Post
「アーティストグリーンカード(EB-1永住権)申請当時に誰かに教えて欲しかったこと」Screen Shot 2015-06-22 at 7.58.38 AM

せっかくなのでYurikoのかっこいい写真を使わせてもらった。

オリジナルの投稿(今回のために一部アップデートしました)は1年以上前に書いたのに、いまだにたくさんの方が読んでくださっているようで、日本人アーティストのみなさまの、アメリカ進出へ関心の高さがうかがえます。

今回お話ししたことはあくまで個人的な経験に基づくものですが、わたしなりに一生懸命取り組んで学んだことの中から、読者のみなさまにとって役に立つことが何かひとつでも見つかったとしたらうれしい限りです。

アーティストのためのグリーンカード(EB-1 永住権)とビザ(O-1ビザ)取得に向けて/ Green Card (EB-1) and Visa (O-1) Advice for Foreign Artists

(日本語は後述。スクロールダウンしてください。日本語の文章のみ、The Huffington Post に投稿するにあたって2015年6月20日に一部改訂しました。)

GC sampleI’ve been asked many times, from both friends and strangers, about how I got my artist green card (i.e. EB-1) and here are some thoughts I would like to share with you.

-Come to the States and go see lawyers, NOW.

You should see 2 or more immigration lawyers and get their opinions. The “artist” green card and visa (i.e. O-1) are issued for actors, directors, writers, dancers, singers, models, designers, composers, musicians, painters, graphic designers, chefs, athletes, scholars, etc.–anyone who has had “extraordinary achievement” in their specific field.  Lawyers will tell you which of your achievements will count.  It’s like seeing a doctor:  Each situation is unique and you should see a specialist before you become anxious.  Chances are that the more you talk with non-specialists, the more you’ll end up being confused listening to everyone else’s differing opinions and personal experiences.  For example, when I applied for my GC, I was still a student, and some teachers and friends weren’t sure if it was impossible because they believed one can only earn your GC after you work a couple of years in the US with an O-1 visa. I became very anxious but once I started seeing lawyers, all the anxiety and confusion went away and they helped me figure out what to do right straight toward the goal of getting my GC. Though it was very helpful to ask friends about which lawyers they recommended, and any personal experiences that they could share, especially when I felt exhausted or stuck during the process, I personally wouldn’t ask more than that if I had to do it all over again.

-Tips to decide who to work with.

Many lawyers offer their first counseling sessions for free, especially when you are referred by someone whom they have business relationships with. The actual fee varies but, generally, visas cost from $2500 to $5000 and green cards cost anywhere from $6-8k. It’s usually not a contingency payment meaning that you pay part or all of it beforehand. That’s why I would recommend that you see more than 2 different lawyers. I’ve heard of some lawyers just talking people into applying for a visa or a GC and not working as hard as they said they would after receiving the money. So, get several professional opinions to make sure which direction you need to head toward. And at the first counseling session, I strongly recommend that you consider your chemistry with the lawyer also. It’s a lot about teamwork. The process may take as long as several years to complete and it can be very stressful if you don’t get along with your lawyer.

-What you should do during the process.

Most importantly, do your research. Know which criteria your submission is supposed to meet. After you’ve settled with one lawyer, supervise him as a client and constantly check how he is doing, and don’t afraid to ask questions!  Lastly, don’t forget to thoroughly review the submission yourself before he sends it in, and make sure of the following:

– NO typos!  (especially in the information section about yourself and the visa you’re applying for… this is essential!)

– NO forgotten material!

– NO fake credits! (vicious!)

You will definitely have some work to do (e.g. translating, collecting reference letters and other evidence, etc.) but, if you gather enough credits and have a good lawyer who can make the most of it, you’re going to make it after all.

Good luck!

☆☆☆

visa sample

わたしは俳優/モデルとして活動した実績を申告し、「アーティストグリーンカード」と呼ばれるアメリカ永住権(「EB-1永住権」と言います)を2011年に取得しました。その申請準備から取得までのプロセスを振り返って、申請する前や申請中に知っておきたかったなぁと思ったことをまとめてみました。

すでに申請した経験のある方にとっては当たり前だと思われることばかりですが、主にこれからアーティストグリーンカードやアーティストビザ(「O-1ビザ」と言います)を申請しようと思っている方にとって、何かひとつでも役に立つことが見つかればうれしいです。

其の一。相談するなら、友達やネットではなくビザ専門家に!

いきなり投げましたが…。猫の手も借りたいストレスフルなビザ問題。ビザには夢やアメリカでの生活がかかっているので悩みは深刻です。借りるなら、猫ではなく専門家の手にしましょう。

というわけで、今すぐ移民法の弁護士さんのカウンセリングを受けることをおすすめします。

ご存知の方も多いかと思いますが、EB-1永住権とO-1ビザは、俳優以外にも、ダンサー、モデル、監督、コメディアン、脚本家、小説家、デザイナー、料理人、画家、イラストレーター、グラフィックデザイナー、ミュージシャン、作曲家、スポーツ選手、学者、、、などなど、それぞれの専門分野で「卓越した能力を持つ」と認められた外国人に発行されます。そのため、専門分野で豊富な経験があること、米国内外において著名であること、などを証明する資料を提出する必要があります。

ただし、「卓越」とは言っても、オリンピック金メダル!アカデミー賞受賞!年収数十億!レベルで卓越していなくともじゅうぶん可能性はあります。

自分の実績が、移民局に「卓越」と認められるための基準に当てはまるかどうかの判断は、移民の専門家に聞いてみるのが一番です。アーティストの経歴は個人差が大きく、また、移民法は時とともに変わる可能性がありますので、周りの人にむやみに相談したり、ネットで手当たり次第に情報を集めたりすると、間違った/独断と偏見に満ちた/期限切れの情報により、かえって混乱を招く恐れがあります。

例えばわたしは、O-1ビザを取得した友人に弁護士を紹介してもらったり、申請中に彼ら自身の状況や気づきをシェアしてもらったりしたことはとても役に立ちましたが、「モデルの実績はアーティストとして考慮されない」、「グラビアの実績は男女平等の観点から不利になるので隠したほうがいい」、などの間違ったアドバイスをいただいて混乱したり、学生のステイタス(F-1ビザ)からEB-1永住権を申請をすることについて、「そんな話はありえない、詐欺だろう(※)」というご指摘をいただいて不安になることがありました。

(※EB-1永住権は、O-1ビザで数年働いてアメリカでの実績を貯めてから申請する人が多いようです。)

しかし、実際に専門家の意見を聞くことで、混乱や不安は一気に解消。何が必要なのかを冷静に判断し、その後はより効率よく動けるようになりました。

其の二。 弁護士選びの決め手は、腕のよさと相性のよさ。

話を聞くと決めたら、さっそく弁護士さんを探し始めましょう。ネットや新聞に情報が載っていますし、友達の口コミも重宝します。英語が心配な場合は、日本語のできる弁護士さんを選ぶとよいでしょう。

弁護士=高額というイメージがあるかもしれませんが、初回カウンセリングを無料でやってくれる方はいます。とくに誰かからの紹介だとその可能性が高いようです。

弁護士費用は、O-1ビザだと約2500-5000ドル、EB-1永住権だと約6000-8000ドルくらいが一般的で、一部か全部を前払いの場合が多いよう。最低でもふたり以上の弁護士さんに会ってみるのがいいでしょう。

というのも、実績が不十分なクライアントを巧みな言葉でビザ申請に誘導し、弁護士費用を払わせた後は知らんぷりという悪質なケースも聞いたことがあるからです。クライアントからの評判の高いきちんとした弁護士さんなら、現時点で無理なら無理と正直に言ってくれるだけでなく、それ以降どう動けば効率よくビザが取得できるのかアドバイスをくれるはずです。

また、準備も含めて申請期間が数年に及ぶ場合もあり、その間にいろいろな疑問や不安が湧いてきます。そういうときにきちんと弁護士さんとコミュニケーションをとれないとストレスになりますので、仕事ぶりを信頼でき、かつ相性の合う方にお願いできれば理想です。

其の三。申請準備には主体性を持って参加しよう!

すぐに専門家に相談するのがだいじだと言っても、申請を弁護士さんに任せっきりにしていてはいけません。

わたしが雇った弁護士さんは、「先生」よりも「ビジネスパートナー」という表現が近い存在という印象で、申請準備は二人三脚で行いました。その際は、自分でもリサーチをしっかり行い、移民局が指定する基準のうち、自分がアピールすべきはどれなのかはっきりさせておいたことが役に立ちました。例えば、EB-1永住権の場合は、10の基準があるうちの3つを満たせば認められるのですが(2011年の情報)、そういった詳細を知っておくことで、自分の実績にとって一番有効な進め方を知ることができ、弁護士さんと足並みを揃えることができます。その上で、不明な点があれば遠慮なく突っ込んで質問し、彼らの仕事ぶりを常に監視することが大事だと思います。

周りのアーティストの友人たちの話を聞いてみても、移民弁護士さんの仕事は基本的に、方向性を示して誘導してくれること、資料を効果的にまとめて巧みにカバーレター(目次とまえがき)を書いてくれること、このふたつだけ(※)と思っていたほうがいいと思います。その他の部分はわたしたちの仕事です。記事集め、推薦状集め、コピーと印刷、日本語の翻訳など、たくさんの作業にわたしたちが率先して取り組まなければ、申請準備は前に進みません。関係者各位に頭を下げ続け、寝る間を惜しんで膨大な英語の専門用語と格闘しているうちに、なけなしのお金…あんなに払ったのに…というダークな考えに人格を支配されそうになってしまうかもしれませんが、頑張りどころです。

(※ ふたつだけ、と言ってもたくさんの知識と経験の蓄積を元にしたすごいことなのですが、申請準備中の友人から「弁護士ってこんなに何もしてくれないの?」という相談を受けたことがあるので、日本の弁護士先生のイメージとギャップがあるかもしれないことを頭に入れておくと余計なストレスを感じなくてすむかと思います。)

提出用の資料がまとまったら、目を皿のようにして、すみからすみまでチェックしてください。ここでクライアントとしての役割を怠ってトラブルになったケースは珍しくないようですので、くどいようですが心を鬼にしてもう一度言います。

弁護士さんに任せっきりにしてはいけません!

いつもより太く斜めになってしまうくらい力を込めました。ここでミスがあっても弁護士さんのせいにはできませんので、後で悔しい思いをしないように十分注意してください。

チェックポイントは、以下の3つです。

1) 誤字脱字、なしっ!
(個人情報と申請するビザの情報は必ずチェック。ここを間違うなんて冗談のようですが、本当にミスがあるんです。)

2) 抜けている資料、なしっ!
(カバーレターで言及されている推薦状、記事、写真、ぜんぶ入っていますか?)

3) ねつ造されている資料、なしっ!
(これは問答無用!)

お疲れさまでした。ここまで来たら、後は合否の知らせを待つのみです。いくら心配しても移民局が急いでくれるわけではないので、気持ちを切り替えて、自分の専門技術を磨くことに専念しましょう。

☆☆☆

長々と書きましたが、要は、素人だけで悩まず、専門家の移民弁護士さんのところに一刻も早く行ってみよう!というのがわたしの最大のアドバイスです(ここで書いたことも「個人の経験に基づくネットの情報のひとつ」に過ぎませんので…)。

実績を十分にそろえることに加えて、腕もよく相性もよい弁護士さんとタッグを組んで効率よく動くことが、EB-1永住権/O-1ビザ取得の近道です。アメリカ政府だって、才能と実力とやる気のあるアーティストたちには、どんどん自国で活躍して欲しいと思ってくれているはずだと信じて。

ではでは、グッドラックです!

GreencardImage

グリーンカード本体は、何の前触れもなく普通郵便に紛れてぽろっと届きます。最重要書類のはずなのに、扱いが雑すぎて笑いました。あまりにも無防備。後からわかったことですが、郵送中の盗難を防ぐ目的のためにわざとこの方法を選んでいるらしいです。

(なお、ここに書いたことは、あくまでわたしの経験に基づいた個人的な考察であり、専門的なご質問にはいっさいお答えできませんのでご了承ください。また、弁護士さんの紹介等は行っておりませんので、それについてのお問い合わせはお控えください。)