カテゴリー別アーカイブ: 01. 俳優奮闘記

Note 始めました。

Noteを作って、書きました。

「自宅待機が続くニューヨークの日常は、どこへ行ったのか」

Screen Shot 2020-04-11 at 12.48.22 PM

夜中に思い立って登録。まだまだ手探りですが、もっと勉強して、読みやすくなる工夫などしていければいいなと思っています。例のごとく、文章を書く作業にすごーく時間がかかるので、更新は頻繁にはできないと思いますが、感想、提案、ご質問等、気軽にご連絡いただけたら嬉しいです。

こちらのブログを昔から読んでくださっている皆さまにご報告が遅れてすみませんでした。今後とも、末長くお付き合いいただけたら有難いです。

『報道バズ』有料配信開始!

こちらでもアップデートを報告させていただいていた Derrrrruqのドラマ『 報道バズ 』が、日本国内以下のVOD プラットフォームで有料配信します!!!

83906470_201993597866071_6645426313815392256_n

2月5日〜:Amazonプライム・ビデオ、Google Play、YouTube、VIDEX、TSUTAYA TV、ビデオマーケット、DMM動画、Gyao!ストア
2月7日〜:RakutenTV
2月21日〜:ひかりTV

勝負はこれからですが、既に感無量です。。。😭

6年に及んだ製作過程は驚くほど長く困難が続いたマラソンでしたが、一つ一つのステージで支えてくださった沢山の方々のおかげで、ここまで辿りつくことができました。

キックスターターでご支援くださった皆様、SNSで応援くださった皆様、制作に参加してくださった素晴らしいキャスト&クルーの皆様、企画発展段階で本読みやリサーチ等にご協力くださった皆様、ペンキ塗りなどボランティアでご協力くださった家族やお友達、協賛や制作協力としてご参加くださった皆様、ここには書ききれませんがたくさんの支えてくださった皆様、本当にどうも有り難うございました。

ぜひぜひ多くの方にご覧いただけると嬉しいです。公式ツイッターを中心に、SNS では #報道バズみた で感想が少しずつ上がってきてくれているので、よろしければチェックしてみてください。

After 6 years of production… 😭😭😭 NOW WE ARE STREAMING IN JAPAN

Many of you here have helped us with HodoBuzz in more ways than one. I’m bursting with gratitude. The show streaming in Japan has no English subtitles yet, and we plan to focus on promoting the show in Japan for now. However, we continue to try to expand it to the other markets, including North America! You will be the first to know once more details become available. Thank you!!

ウェブサイト: https://www.derrrrruq.com/hodobuzz
Facebook: https://www.facebook.com/derrrrruq/
Twitter: https://twitter.com/derrrrruq
Instagram: https://www.instagram.com/derrrrruq/

エマ・ストーンさん主演、Netflix オリジナルドラマ 『マニアック (Maniac) 』に出演しました

21日に公開されたNetflixオリジナルドラマ『マニアック (Maniac)』に出演しました。

HBOの「True Detective」で全米に旋風を巻き起こし、木曜日に007の新作を監督することが発表され話題になったキャリー・フクナガさんが監督するこのドラマ、主演はミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』(2017年)で第89回アカデミー賞主演女優賞に輝いたエマ・ストーンさんと、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で第86回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたジョナ・ヒルさんのお二人。

42414527_236196320383689_6816608347135934464_n

それぞれトラウマや統合失調症などに苦しむ見ず知らずの2人が、「心の不調を全て治す」と評判の新薬の臨床試験プログラムに参加するところから物語が始まります。80年代〜90年代を舞台にした、現在と同じようでちょっと違う世界線(パラレルワールド)のお話。

SF、ファンタジー、ドラマ、コメディ、時代劇、アクションとジャンルの壁を飛び越え、精神病理、トラウマ、人同士の繋がりなどのトピックを刺激的かつユーモア溢れる方法で描く、とてもユニークで面白い作品です。

主演のお二人とキャリーさんはエグゼクティブプロデューサーでもあり、彼らの出し惜しみすることないクリエイテビティと遊び心、作品作りにかける並々ならぬ気合を画面からヒシヒシと感じました。細かいところまで工夫がぎっしり詰め込まれております。

新薬実験の舞台が日本の研究所なので、日本語のセリフが出てきますし、ソノヤ・ミズノさんや神田瀧夢(ロム)さんを始め、ニューヨークやロサンゼルスで活動する日系の俳優さんがたくさん出演しています。

42478639_677860752613524_5485099482431356928_n

インスタグラムやFacebookにはビデオもアップしました。番組が私のシーンの一部を使って作ったプロモ用ビデオです。そちらもよろしければぜひご覧ください。

(うちの父(=気まマホ日記のメイン読者)などはSNSを使えないので、以下にスクリーンショットを紹介します:D)

Emma.jpgJonah

 

 

成功!「報道バズ」クラウドファンディングキャンペーン

連続ドラマ「報道バズ」のクラウドファンディングキャンペーンにご支援、ご協力くださった皆様、本当にどうも有難うございました。

合計277名のバッカーの皆様がご支援くださった$32,679ドルをもって、キャンペーンは無事に成立いたしました。

Screen Shot 2018-09-04 at 11.59.22 PM.png

「報道バズ」の輪が、私たちの小さなチームを超えて、外へ外へと広がっていく様子を目の当たりにするのは本当に感無量でした。「報道バズ」に捧げた4年間で起こったたくさんの出来事が思い出され、その時々の様々な感情が蘇り、ご支援・ご協力くださったお一人お一人に本当になんとお礼を申し上げたら良いかわからず目眩がします、、、

皆様の行動やメッセージ一つ一つに背中を押していただき、私たちは最後までモチベーションを高く保ったままこの2ヶ月間を完走することができました。ご支援をくださった277人のバッカーの皆様、SNSや口コミで広めてくださった皆様、記事を書いてくださったメディアの皆様、どうもありがとうございました。

「報道バズ」は、すぐにポストプロダクションに入ります。チーム一同、少しでも皆様のご期待に応えられるように、より良いものを完成させ、よりたくさんの方々にご覧いただけるように、さらに尽力してまいります。

尚、キックスターターのシステム上、匿名をご希望されていない方でもアカウント登録なしにご入金いただいた場合は、私たちの管理画面にはお名前が表示されません。これらの方々には、システムを通してご連絡をさせていただいております。お礼を申し上げたいと願っておりますので、お返事をいただけると幸いでございます。

ところで、先の投稿のキャストの皆さんのビデオに続き、デルックの2人のプロデューサーのビデオメッセージも公開いたしました。キャンペーンはすでに終わってしまいましたが、うちの父 (=気まマホ日記のメイン読者) などはSNSを使えないので、最新のメディア様の記事と共に当ブログでもご紹介します。

川出真理(監督・プロデューサー)

近藤司(脚本・プロデューサー)

以下、英語での記事
HodoBuzz: New York-based Japanese Filmmakers Tackle Japan’s Sexism and Press Freedom With Crowdfunding(報道バズ:在ニューヨーク日本人フィルムメイカー、クラウドファンディングで日本の性差別と報道の自由問題に挑む(本田真穂訳)
http://www.japansubculture.com/hodobuzz-new-york-based-japanese-filmmakers-tackle-japans-sexism-and-press-freedom-with-crowdfunding/#.W4fF0kY3HtY.facebook

私事ですが、途中から手首に痺れが走るようになったことなど諸事情がございまして、作業が可能な時間の中で、キャンペーンの他の部分を優先してブログの更新は見送ってしまっておりました。諸々のアップデートが遅れてすみませんでした、、、

報道バズのこれからも、引き続き見守っていただけると幸いです。以下のSNSでも引き続きアップデートをしてまいりますのでよろしくお願いします!:

Facebook: http://www.facebook.com/derrrrruq/
Instagram: http://www.instagram.com/derrrrruq/
Twitter: http://www.twitter.com/derrrrruq/

重ねて、どうも有難うございました。

「報道バズ」キャスト紹介& ビデオメッセージ(辛源さん、コリンズ・ユリエさん、倉持哲郎さん、松崎悠希さん)

現在制作中の連続ドラマ「報道バズ」には、才能あふれる素晴らしいキャストが出演してくださっています。彼らから頂いた応援メッセージとともに、ご紹介いたします。

まずは、報道バズで働く対照的な「ハーフ」の同僚お二人。

  • 森敦役の辛源さん。

2番目は英語ビデオ。そう、「残念ハーフ」の森を演じた源さんは、実は英語ペラペラのロンドンっ子なんです。さすが俳優!

素晴らしい俳優さんであるだけでなく、いつも明るく現場を盛り上げてくれた源さん。空き時間にちょっとだけダンスを教えてもらいましたが、簡単な動きに見えるのに私にはどうやっても源先生のようにかっこよくできないんです。なぜ、、、

さらに、「炎上ブロガー」の異名を持つ、報道バズ制作チーム Derrrrruq!!! の脚本家・近藤司が、雑誌Penのブログで公開した源さんと対談をご案内します。ミュージカルレント日本版オフィシャルキャストなど日米のエンタメシーンでご活躍の辛源さんならではの、非常に読み応えのある素晴らしい内容です。

日米で活躍するイケメン俳優・辛源さんが語る、日本とアメリカの芸能システム:「新しいことの前例を作っていくことが大事」(前編)

前編は、日米の芸能界の仕組みの違い、俳優の権利を守るだけじゃなく業界全体にメリットのある俳優組合の役割など。俳優や業界関係者じゃない人にも是非知っていただきたい。

日米で活躍するイケメン俳優・辛源さんが語る、日本とアメリカの芸能システム:「新しいことの前例を作っていくことが大事」(後編)

後編は、業界を発展させるためには、たくさん失敗もしたり、笑われたりしながらでも、誰かが新しいことをして前例を作っていくしかないというお話。彼自身の挑戦のことや、報道バズのエッセンスもぎゅっと凝縮して取り上げてくれて、本当に素晴らしい!!!

☆☆☆

  • 近藤史央莉役の、コリンズ・ユリエさん

演じる役に対しても、現場の他のキャストやスタッフに対しても、いつもとことん真摯に向き合うユリエさん。そんな彼女から、 私もたくさんの大切なことを学びました。ユリエさんが仲間に入ってくれて本当によかった!

私たちが寝る暇もなくセットを組み立てていた時も、率先して手伝ってくれて本当にどうもありがとう。

ユリエさんご出演作品:「ゴッサム(FOX)」「ブル 法廷を操る男(CBS)」「The O.A.(Netflix)」他。

☆☆☆

報道バズには、ニューヨーク内だけでなく、ロサンゼルスからも素晴らしい才能が駆けつけてくれました。

  • 田村信吾 (報道バズで働く明日香の同僚) 役の倉持哲郎さん。

撮影の中盤から、倉持さんが本当に田村に見えてきて不思議でした。良い意味でいつも予想を裏切られる、打てば響く打楽器のような哲郎さんの演技を間近で拝見できたことは、俳優としてこの上ない幸せでした。はるばるLAからご参加いただき、本当にどうも有難うございました。

哲郎さんご出演作品:「Man from Reno(Dave Boyle監督) 」、「蟹工船(SABU監督)」他)

☆☆☆

  • 柴田哲也(報道バズ編集長、明日香の上司)役の松崎悠希さん

「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「硫黄島からの手紙」など、ハリウッド映画で大活躍の悠希さんは、素晴らしい俳優さんであるのはご覧の通りですが、動かないプリンターをあっという間に直してくださったり、他にもピンチの時に思わぬ解決法を提案してくださるなど、無人島に行ったとしても彼なら大丈夫だろうと思えるほどリソースフルなお方です。早朝の撮影にもプロデューサーが先か悠希さんが先かというくらい、いつもほぼ一番に現場に来てくださって、役やストーリーや映画製作への理解も海ほど深く、圧倒的なプロフェッショナリズムとリーダーシップとユーモアで、みんなのことを引っ張って下さいました。俳優としてもプロデューサーとしても、ご一緒できて本当に頼もしかったです。どうも有難うございました。

☆☆☆

http://kck.st/2u8rx8o

多大なご支援、ご協力のおかげで、私たちのキックスターターキャンペーンは現在、目標額$30,000 の85%である$25,742ドル (約287万円) を調達しております。

皆さまからの温かなご声援や、口コミやSNSでの共有なしには、何より私たちの作品のために行動を起こしてくださったバッカー様のお力添えなしには、到底不可能だった結果です。本当にどうもありがとうございます。

あと7日。いよいよフィニッシュラインが見えてまいりました。ご検討いただいている方、まだご検討いただく機会がなかった方は、上記のリンクより、内容とキャンペーンの概要をご覧いただけると嬉しいです。どうぞ皆様のお力添えをいただけますと幸いです。よろしくおねがいします!