プロチダ島、上陸までの過酷な道のり

2日目はプロチダ島!

 

 

ナポリ近隣には、「青の洞窟」が有名なカプリ島を筆頭に、いくつもの素敵な島々が存在します。私たちは、カラフルな海岸がアイコニックな小さな港町、アカデミー賞5部門を受賞したイタリア映画「イル・ポスティーノ」の舞台にもなったプロチダ島へ。

プロチダ島は、南イタリアのカンパニア州・ナポリ県に含まれる外周約16kmの小さな島。発音は、「プロチーダ」ではなく、「プローチダ」であり、「ロ」にアクセントがあります。なんなら「ロ」をちょっと巻いてもいいくらい。

ProcidaC

なんてったって今回はバケーション。10年ぶりのバケーション。プロチダ島で一泊してリラックスするのを、この旅のメインイベントのひとつに設定し、心から楽しみにしていました。

しかし。

念願だったプロチダ島。まさかたどり着くまでの道のりがここまで過酷だとは、予想だにしていなかったのです、、

(以下、食事中などにはふさわしくない描写が出てくるのでご注意ください。)

Hydrofoilという種類の高速船でナポリからプロチダに向かう途中。

嵐の影響で海が荒れており、私たちの乗った高速船(仮に「太郎丸」とします)がものすごく揺れました。

その揺れといったらもう、今まで経験したことのないほどのすごさで、ひどい時には、花やしきのぐるんっぐるんっと回るアレじゃないかってくらいの激しい横揺れが、これでもか、これでもかと続きました。

太郎丸、だいじょぶか。

当然、気分が悪くなる人たちが続出します。

船員さんが「ビニール袋が欲しい人、手を上げて〜!」と横揺れする船内を歩き回ってくれ、その右手に掲げられたビニール袋がホットケーキのように次から次へとはけていく。「オェぇぇぇ〜」「おおおおおおおええええエェェェェ」という声があちこちから上がり、ばっしゃん、どっぷん、という波の音に重なり、独特のハーモニーを奏でながら船内に響き渡る。4割以上の人たちが吐いていたと思われます。

私はというと、心を無にして、窓の外にかすかに見えた岩の端っこを凝視していました。「僕は方向音痴だから船酔いはしないんだ!」と話す元気なパートナーが、遠くの景色を見つめると良いと教えてくれたからです。

そんな中、、、、

ピシィィィッッッ!!!!!!!

 

硬いものが割れる大きな音と、複数の悲鳴が、地中海にとどろきました。

なんと、高波によって太郎丸の窓が割れて(!!!)、船内に水が入ってきたのです。私の座っている側の目と鼻の先に、大きくヒビが入り、太郎丸が揺れる度に割れ目から水が侵入してガタガタしてる窓が3つほど。船員さんたちが駆け寄ります。

IMG_1385窓が割れた側に座っていた乗客みんなが、あわあわと一斉に席を立ちました。私も、濡らしたら仕事ができなくなる!と、パソコンだけを必死に抱えて席を立ちました。

ビデオを撮影している若者たちが数名。

ちょっとしたパニックです。

窓が割れていない反対側の席に移動しようとするも、「真ん中が一番揺れが少ないから真ん中にいてくれ!」「こっちに来ちゃダメだ!」と反対側の席から叫ぶ乗客の皆さん。

親切と、ゲロを片手に隣に座られちゃ困る、という切実な自衛本能が垣間見えた瞬間でした。

自分も含め、窓が割れた側に座っていた乗客たちが、使用済みのビニール袋を片手に船の中央に集まっているのは、ちょっと異様な光景(ちょっと笑えた)。

救いだったのは、こんなちょっとしたパニックをよそに、船員さんが皆さんすこぶる落ち着いていたこと。侵入する水の量を最小限に抑えるために、交代しながら力づくでガタガタの窓を抑えてくれていました。

船員さんたちのこうした落ち着きぶりのおかげで、私たちも、きっとみんな無事だろうと信じることができました。ただ、とにかく気分が悪かったので、できるだけ無駄な体力を使わないよう、遠くの岩を見つめて無の境地になっていました。

どれほどの時間が経ったでしょうか、、、ついにプロチダ到着!

ふらふらの体をスーツケースで支えながら、嵐の中を頑張ってくれた太郎丸と船員さん達に別れを告げ、無事にプロチダ島に降り立つことができました。

プロチダは、

晴れていた。

後から聞いたところによると、Hydrofoilという種類の高速船は、抵抗を取り除いて速く進むために真ん中が空洞になっているので、風が吹いた時の揺れが大きいそうです。天候が悪くても比較的安定しているのはフェリーで、今後は時間がかかってもフェリーに乗ろうと心に決めたのでした。

。。。。。ちなみに、なんと、痛手を負った太郎丸は、プロチダ島で私たちを降ろした後、終着点であるIschia島へ、残りの乗客を乗せたまま、窓が壊れたままの状態で向かいました。

え、太郎丸、休んだほうがいいんじゃない?どこも壊れてない他の船、港にいっぱいいるよ?

船員さんの落ち着きぶりからしても、もしかしてありふれたことなのかしら。どなたかこんな経験のある方いらっしゃいます?

それはそうと、翌日のナポリ行きの船便が心配です。船が欠航してしまったら、ナポリに戻ってサレルノに行き、そこからアマルフィ海岸に行く予定を達成できません。

まあ心配していてもしょうがない。後ほど翌日の船の状況を船会社に確認することにして、とりあえず宿に荷物を置き、散策を開始するために移動しました。

ProcidaC笑っているけど、まだかなり気分悪いです↑

旅は続く。

☆☆☆

インスタグラムの投稿とストーリーズでもイタリア旅行記を更新中です :D