ナポリなピザ

ナポリといえば、ピッツァ。

NaplesPizza

NaplesPizza1

ナポリ・セントラル駅から乗ったタクシーの運転手さんが、「僕のオススメはミケレだよ、ソルビッロと2強であっちも美味しいけど、ピザだけ食べるのなら絶対ミケレ、でもミケレはセントラル駅(治安が悪いと評判)と近いので夜は危ないかもしれないから昼に行ってみて」と、おすすめのピザレストランを教えてくれました。

運転がすごく荒くて、誰か轢いてしまわないかとハラハラしたけれど、とても親切な運転手さんでした。ピザのおすすめを教えてくれている最中にも、隣を走る車やバイクと何回か怒鳴り合って会話が中断していました。

というわけで、夕食はソルビッロに(ニューヨークにも支店があるそうな)。今まで経験した中で最も薄い生地のピッツァを、本場のマナーに従って、ナイフとフォークでいただきました。いつものように折りたたんで手で食べようとしたら、家族連れなどローカルっぽい雰囲気の皆さんは主にナイフとフォークで召し上がっていたので、それを見習って。

ナポリのピザ。日本までその名を轟かせているのも納得です(スパゲッティ・ナポリタンというのは日本独特の創作料理なのは有名ですね)。ナポリのトマトソースはどこのお店でいただいても絶品で、太陽をたくさん浴びた濃い味のトマトをふんだんに使って今朝作ったよ!、というような新鮮で繊細な味がしました。

ところで、ニューヨークではどうしてピザを手で食べるのが一般的になったんだろう。

歩きながら食べる人が多かったからかしら。片手でピザの箱を持ちつつ、もう一方の手でスライスをかじりながら歩いているニューヨーカーを見かけることも珍しくありませんね。

旅は続く。

☆☆☆

インスタグラムの投稿とストーリーズでもイタリア旅行記を更新中です :D