ニューヨークタイムズ紙の「批評家おすすめ舞台」に選ばれました!

おととい・20日にオープンしたオフブロードウェイ舞台「Time’s Journey Through a Room」(岡田利規さん作「部屋に流れる時間の旅」の英語版)。

な、な、なんと、ニューヨークタイムズ紙の批評家おすすめ舞台に選ばれ、こんなに大きく紹介していただきました。

じゃん。

NYTimesCriticPick

我らがKensakuさん、トランプ大統領よりもサイズ大きい。ページの2/3ものスペースを割いてくださるってどゆうこと。

オンライン版でこちらから全文が読めます。

ニューヨークタイムズ。恐るべきニューヨークタイムズ。

ニューヨークタイムズのレビューによってシアターの興業の行方が左右されるとはよく聞いていたので、どうか悪いレビューだけは出さないでいただきたいと願ってはおりましたが、まさかこのように高く評価していただけるとは、個人的には正直驚いています(もちろんチームの皆様のお仕事ぶりは素晴らしいのですが実感として)。

シアターコミュニティにおけるニューヨークタイムズの立ち位置といえば、わかりやすい例で、アカデミー賞を受賞した、ブロードウェイの舞台裏が設定となった映画「Birdman(バードマン)」の中で、ニューヨークタイムズの批評家をモデルにしたキャラクターが出てきましたね。あの描写はあながちフィクションではないのかな、、、。

印象的だったのは、先日とあるブロードウェイ舞台のオープニング公演と関係者によるアフターパーティーにお邪魔させていただいた時、パーティーの最中、夜11時ごろになると皆さんがソワソワし始め、一斉に携帯とスマホを取り出し何かを確認し始めたこと。通常ニューヨークタイムズによるブロードウェイの舞台のレビューは、オープニング公演が終わって一息ついた夜11時ごろにアップされます。パーティーにいた皆様は、そのレビューを今か今かと待っていたわけですね。(良いレビューだったのでアフターパーティーはさらに盛り上がりました!)

レビューはプレビュー期間中には出ず、オープン当日〜数日で各所から一斉にアップされます。そのレビューによって、その舞台の今後の運命が左右されるかもしれない、、、関係者としては怖すぎて胃が痛くなりそうですが、第3者目線で発表されるレビューが大きな影響力を持っていることが、ニューヨークのエンターテイメント業界を健全に保ち、出回る作品たちの質を良いものに保っているのだと痛感します。

我々の舞台のレビューはNYT の他にも続々と出ています。それぞれの関係者について良いことをたくさん書いてくださっているのですが、わたし関連部だけ抜き出しますことをお許しください:

timeout.com
“ ★★★★“
(レビュー自体はクールだけど、★は4つ)

exeuntnyc.com
“Under Rothenberg’s laser-pointed direction and the equally precise performances of the very fine trio of actors, time is seen and felt as a continuum, in real time (aided by Aya Ogawa’s smooth translation).”
(嬉しい!)

theaterscene.net
“In the spirit of the loquacious Winnie in Samuel Beckett’s Happy Days, the animated Yuki Kawahisa beautifully portrays Honoka with sunny depth. Maho Honda as Arisa, the play’s unifying figure, is brilliantly wistful.  Veering from low key to emotionally volatile Kensaku Shinohara richly conveys Kazuki’s angst and anguish. This trio’s rapport and chemistry is palpable and is integral to the production’s success.”
(これもすごく嬉しい!ぶりりあんと!我らがYukiちゃんはどのメディアのレビューでも絶賛)

lightingandsoundamerica.com
“(Maho) Honda brings a quiet elegance to the role of Arisa and Yuki Kawahisa keeps Honoka’s run-on speeches flowing without ever becoming an irritant. Kensaku Shinohara ably suggests a deep unease behind Kazuki’s deadpan demeanor. ”
(これもものすごーく嬉しい!エレガンスだってエレガンスだって)


予定されている公演は6月10日までです。これからが勝負です。

チケット:https://web.ovationtix.com/trs/cal/30245/1525147200000
promo code: Special30
promo code (friends & family) : Please DM. Let me give you directly:) 

Time’s Journey Through a Room
https://playco.org/plays/times-journey-room/

Now through June 10 at the ART/New York Theatres—Mezzanine Theatre, 502 West 53rd Street.
Student Tickets $15. $15 Rush ticket 45min before the curtain opens.

By Toshiki Okada,
Translated by Aya Ogawa,
Directed by Dan Rothenberg
Featuring: Maho Honda, Yuki Kawahisa, Kensaku Shinohara
Stage Manager: Molly Shea
Assistant Stage Manager: Codey Leroy Butler
Assistant Director: Noa Egozi
Set design: Anna Kiraly
Lighting design: Amith Chandrashaker
Costume design: Maiko Matushima
Sound design: Mikaal Sulaiman
Movement consultant: Lily Kind

@ ART/New York Theatres
Produced by The Play Company

playcomailinglist.jpg

広告