ベビーシャワーDIY

出産を控えたお友達キヨちゃんのために、ブルックリンのスタジオを借りてベビーシャワーを行いました。わたしは、プランニングをしてくれたホストのおふたりのお手伝い兼お部屋の飾り付け担当として、テーブルや壁などのデコレーションをしました。

キヨちゃんとベイビーガールのために夜な夜な DIY(Do It Yourself)したベビーシャワーデコレーションの数々を少しだけご紹介します。

テーマは「お茶会」。テーマカラーは「ピンク」。インサイドジョークの「Champie(チャンピー)」を散りばめました。

じゃん。

BabyshowerDecoration1BabyshowerDecoration2

キヨちゃん夫婦のご家族、ニャンコ兄弟はイラストで参加(上の写真のお花の中に埋まってます)。 ニャン兄弟の写真はキヨちゃんより。

CatNigaoe

メイソンジャーにビンテージっぽいレースのテープを巻き、Juteの紐をリボンにして花瓶にしました。Babyshowerdecoration3.jpg

テーブルセッティング。HERSHEY’s のチョコレートは「SHE」だけピンクにし、ポップコーンの入れ物は「Ready to POP!(POP=出産、ダジャレですね)」。

Babyshower1babyshower2

テッシュのお花と造花をアレンジした「C」のデコレーションは、なんとキヨちゃんが持って帰ってくれることになり、後ろ側とか裏とかもっと丁寧に作り込んでおけばよかったと後悔しました。。。

ご存知の方も多いと思いますが、ベビーシャワーはアメリカで発祥したプレ出産祝いのパーティーのことです。主役は妊婦さん!私たちのものは男女共同参加型のシャワーでしたが、女性だけのシャワーも一般的みたいです。

私はベビーシャワーに参加するのは今回が初めてでしたが、かなーり感無量でした。医療が発展した今は安全に出産できる機会が増えましたが、思えば出産は昔からそれこそ母子ともに命がけの大イベントだったわけです。「可愛いパーティー」「女子会」「おむつケーキ」という華やかなイメージが強いベビーシャワーでしたが、そんな一大イベントを間近に控えた大切なお友達のためにみんなで集まって、応援の気持ちを形にするって素晴らしいことだなぁと改めて知ったのでした。

母子ともに元気で出産を乗り越えられますように。わたしも今からドキドキワクワクします。キヨちゃんもベイビーもがんばれー。