Three Billboards Outside Ebbing, Missouri (邦題:スリー・ビルボード)

TBOEM.png

本当に素晴らしい映画です。第42回トロント国際映画祭で最高賞となる観客賞を受賞、アカデミー賞の前哨戦としての注目度も高い第75回ゴールデングローブ賞でも主演女優賞や脚本賞等を総なめにするなど、その素晴らしさはお墨付きでございます。

マーティン・マクドナー(Martin McDonagh)氏が脚本、監督、プロデューサーを務めたブラックユーモアあふれる映画で、娘を何者かに殺害された母親ミルドレッド(フランシス・マクドーマンド/Frances McDormand さん)が、3つの巨大なビルボードをレンタルし、そこに地元警察を批判するメッセージを掲載することで、彼らに未解決事件の追及を要求するというお話。トレイラーはこちら。

娘を失った絶望を抱え、どんなに敵を作っても諦めない母親の、決意、強さ、怒り、無念さ、罪悪感、愛情、葛藤を見事に演じきった主演のフランシス・マクドーマンドさん。しかし素晴らしいのは彼女だけではありません。地元で愛されるヒーロー的な警察官を演じたウディ・ハレルソン(Woody Harrelson)さん、ちょっと単純で怒りっぽくてレイシストだけど人情深く正義感のある部下の警察官を演じたサム・ロックウェル(Sam Rockwell)さんの演技も、もう素晴らしすぎて目が離せません。

白人警官が無実の黒人青年を射殺するという事件が起こったミズーリ州の田舎町で繰り広げられる、ミルドレッドと警察官たちを中心とした人間くさい人間ドラマは見所満載。今後の躍進にも注目、オススメです!

☆☆☆

ところで、

実は、

この映画、

わたしも出演しました。

2週間前にお誘いを受けた時から今か今かと楽しみにしていたスクリーニングで知った衝撃。

出演シーンが全カットでした〜。

これが噂の「編集室の悲劇」か、と。

お隣には、「ひとりだと怖いからサポートお願い!」と頼み込んで一緒にスクリーニングに来ていただいたゲストが。わたしはもちろん観ている途中で気がついたのですが、自分の役がスクリーンに出てくること前提で来ていただいた手前、説明も長くなってしまうし、邪魔が入ることなく映画をフルに楽しんでいただきたかったので、最後まで黙っておりました。声を出すと他の観客にも迷惑だし、なにより映画に失礼だし。

映画が全て終わり、エンドロールが流れた途端、観客は総立ちで拍手喝采の雨あられ。そんな中、「MAHOの出演シーンを見逃しちゃったなぁ。『どこだった?』って聞くのも申し訳ないし、とはいえ見てないから感想は言えないし、どうしたものか、、、うーん」的な、そのゲストの、優しさのにじみ出たなんとも言えないお顔が印象に残っています。

見逃したのではなく、出てこなかったのです〜。お気遣いいただきこちらこそ申し訳ない〜。

本当に素晴らしい映画に仕上がっていたので、舞台裏のキャストやクルーの皆さんのお仕事ぶりを思い出すと感無量です。俳優として思うように貢献できなかったのは残念でしたが、結果は謙虚に受け止め、これを糧に精進したいと思います。

みなさま、ぜひご覧くださいませ!