皆既日食

EclipseNYer

38年ぶり。西海岸から東海岸まで横断する全国的な日食は1918年以来、約1世紀ぶり。

大勢の観光客が日食がよく見える地域へと移動し、専用メガネの売り切れが相次ぐなど、全米が盛り上がっていたよう。いつも忙しいニューヨーカーも、この時ばかりは仕事を抜け出して皆既日食見物です。

みんなが一斉に空を見上げている様子はなんだか微笑ましい。

数ヶ月前にオンラインで注文した専用メガネは、中国からの輸送が遅れて結局間に合わず、、、それでもとりあえず外に出たら、一緒に見物していた親切な方が貸してくれました。メガネをかけずにちょっと上を見上げるそぶりをすると、「見ちゃダメ!」「ノー!」と周りの方々5人くらいに注意されてしまった(目を痛めるそうです。だから要メガネ)。不思議な一体感。

一瞬だけ雲に隠れたので、肉眼でも見えました。

昼間に月の存在を感じられる、唯一の日。

 

EclipseFlag.jpg

広告