グリーン・マーケット(Greenmarket)

暖かくなり、ユニオンスクエアのグリーンマーケットも賑わいを見せています。冬には芋と根菜が中心で全体的にセピアがかっている色彩も、4月になってからは葉野菜やお花が占める割合が徐々に増え出し、気温の上昇とともにカラフルになっていきます。

NY市内最大規模の青空市ということで、野菜、果物、肉、卵、はちみつ、チーズ、パン、、、と美味しいものはなんでもござれですが、今日は、こちらに出店している植物屋さんに注目。ユニオンスクエア北の17ストリート沿いに2、3軒の植物屋さんが一列に並び、春〜初夏にかけてはガーデニングに最適なシーズンということで、野菜の苗、ハーブ、庭木、室内用の観葉植物と、青々とした植物たちが勢ぞろいしています。

さすが、ニューヨーカーの味方グリーンマーケット。見栄えが良くて、丈夫で、しかも安いのですよこちらの植物は。

私はここで、ハンギングプランター用のIvy(ツタの一種)、窓辺に置く用のSucculent(多肉多重の植物、アロエとか)とCactus(サボテン)を幾つか選びました。食べられないけど、模様替え大作戦を実践中の身としては、もっぱら団子より花です。

思えば、大きな模様替えの転機は過去2度ほどありました。

1度目は、コリアンのおかみさんが経営するニュージャージーのゲストハウス暮らし半年を経て、友達とふたりでマンハッタンのアパートに引っ越したとき。2度目は、永住権(グリーンカード)を取ったときです。

1度目のときは、自分の持ち物がほとんどなかったので必然的に。しかし2度目のときは、「私はこの国で生きていくんだ」という思いが、強いモチベーションになったのを覚えています。「ああ、ついにこの国で自由に挑戦できる切符を手に入れたんだ」としみじみと余韻に浸っていると、むくむくと模様替えの衝動が湧いてきたのです。

それまでは、拾ったもの、もらったものが、部屋のほとんどを占めていて、デザインや機能性にはてんで無頓着でした。当時は無駄な出費を極限まで減らしていたことに加えて、「いつか日本に帰らなきゃいけなくなるかもしれない」、という漠然とした不安が、いつ住めなくなるかもわからない部屋に労力は使ってられない、という無関心につながっていたのだと今になって思います。

「Belong」

「to 」をつけて、「Belong to 〜」、〜に属する、〜に居場所がある、という意味によく使われる英単語ですが、わたしは当時、ニューヨークにbelongしたくてしょうがなかったように思います。演技のために外国からやってきたものの、華麗に失敗したり、痛烈な批判を浴びたり、自分の力の限界を見せつけられたり、体調を壊したり、貧乏したり、、、こういうことが続くと、もうニューヨークという街自体から拒絶されているような気になってきます。そんな時、どこからともなく聞こえてくる妖精さんの声:

「それでもなぜニューヨークにいるの?」

(さらに、心身の安息を求めて日本に一時帰国したくても航空券が高くて無理、というダブルパンチ)。

地域のボランティア活動に積極的に参加するようになったことも、ニコリーノをアダプトしたことも、その声を跳ね返し、ニューヨークを自分の街だと思えるよう、そのための何かをしたかった、ということが少なからず理由になっていたのかな。

たかが模様替え。されど模様替え。

模様替えは、「わたしの」だと感じられる居場所を作り、これからもこの地で頑張っていくぞというコミットメントを再確認する大切な儀式なのだなぁ、なんていうことを、初夏の日差しを浴びて生き生きと輝く植物たちを眺めながら考えていました。

Grow

植物たちに負けないように、わたしも成長しないと。
(可愛すぎるプランターを有難うりえちゃん:))

広告