月別アーカイブ: 2015年5月

祭りの後

公演は無事終わりました。

いやややややややーーーーー。終わったので白状します。実は、キャストの中でひとりだけ英語ネイティブではない上に、キャストの中でひとりだけ舞台経験が浅い上に、数十ページに及ぶ膨大な量の台詞に圧倒され、めちゃめちゃプレッシャーを感じていましたこの公演。もうね、気後れもいいところで、おくれすぎて足切りされて次のランナーにタスキが渡せないぞってくらいでした。

でも、終わりました。

いろいろ言っても、良くも悪くも、終わってしまいました。

とりあえず今は、祭りの後の高揚感が少しずつ蒸発していく感覚を噛み締めながら、余韻に浸っています。 MahoBOYFRIENDテックリハーサル(※)の様子。セッティングはいたってシンプルでした。 ※本番の会場で照明や音響を入れて行うリハーサル stageBFステージマネージャーの席から見下ろした舞台。 playbillBOYFRIENDプレイビル。「BOYFRIEND」は、日本で起こった実話を元にした不思議で不気味で面白い舞台でした。脚本家のトミーさんは三島由紀夫のファンだそうで、ちょっと納得…! backstageBFバックステージ。 Sam&Jeff左から、主人公トシロウの友達役のサム・タナベさんと、トシロウ役のジェフェリー・オオムラさん。 stairsBFステージ裏から楽屋へつながる螺旋階段。安全のため、縁の部分に暗闇で蛍光に発色するテープが貼られています。 dressingroomキャストのみんなと、本番前の楽屋にて。ピースを強制してみた。 fullcastBOYFRIEND 舞台は同じメンバーで何回もリハーサルを重ねられるのがいいですね。 クラスをたくさんとっていたときのことが恋しくなりました。リハーサルを通してみんなの仲が深まるこの感覚、いいなぁ。

当日の告知にも関わらず、わざわざ観に来てくれた友達に心から感謝です。

出ます@2015 QuaDs

Boyfriend-Updated-PosterSo excited to premiere Tommy Smith’s new play BOYFRIEND, directed by Kevin Laibson, part of |the claque|’s Quads 2015 workshop series – May 8 & 9 at 8pm at the Sheen Center. $5 tickets at

http://sheencenter.org/event/2015-quads-the-claque/

金曜と土曜の夜8時、新しい戯曲の脚本をお披露目する舞台にて、役者として参加します。

物語のベースは、2005年の日本!そこで起こった不思議な実話を元にしているそうです。携帯電話やSNSが普及し、コミュニケーションがオンライン化されたことによって、人と人との関わり方がどう変わったか、ということを考えさせられる内容です。

いやぁ、舞台をやるの、実に3年ぶりです。素晴らしいチームでリハーサルをしてきたので、お披露目できるのが楽しみです。

もしよろしければお立ち寄りください。チケットは5㌦で、上記のリンクからご購入いただけます。