ニューヨーク俳優たちに学ぶ「副業」サバイバル

HP reality夢を与える仕事も大変だ。Photo by Kei Itaya

俳優がニューヨークという街にやってきて、演技1本で生計を立てていくのは簡単ではない…ということを、経費、生活費、収入をご紹介した前回の記事で少しご覧いただきました。では、経済的に破綻せずに、好きな演技を続けていくにはどうすればいいか。

出て行くお金をこれ以上減らすのは難しい。では、入ってくるお金を増やしましょう。

そうです。他の仕事でお金を稼げばいいのです!

プレイやミュージカルの舞台に立つこと、映画やテレビで台詞のある役を演じること、このふたつを「演技の仕事」と定義するとすれば、ニューヨークの俳優たちは、実に上手に「副業」を利用しています。

 

こんなにある!俳優たちの「副業」

〜13㌦/時間:
ウエイター/ウエイトレス、バスボーイ、キッチン、レストランホステス、バーテンダー、ケータリング、セキュリティガード、ホテルのフロント、タクシーやリムジンのドライバー、デリバリードライバー、新聞配達、 ショップ販売員、レジ打ち、施設の受付、会社の事務作業、など。

13㌦〜/時間:
ベビーシッター、ペットシッター、犬の散歩、お掃除サービス、引っ越しサービス、個人タクシーのドライバー、自転車メッセンジャー、観光ガイド 、不動産ブローカー、ドアマン、美容テクニシャン(ネイル、エステ、ワックス、まつ毛エクステンション、かつらなど)、コンピューター修理、テクニカルサポート、翻訳 、通訳、家庭教師、キャスティング手伝い、シアター手伝い、撮影手伝い、着ぐるみの中の人、ブロードウェーのビラ配り、イベントコンパニオン/セールスアシスタント、など。

30㌦〜/時間:
グラフィックデザイン(俳優のウェブサイトなど)、ビデオ編集(俳優のリールなど)、ワークショップ開催(演技、ダンスなど)、インストラクター(ヨガやピラティスなど)、パーソナルトレーナー、個人の美容テクニシャン、マッサージセラピスト、カウンセラー、レポーター、MC、ピアノバーホステス、ゴーゴーダンサー、ストリッパー、トレードショーモデル、ヘアモデル、など。

70㌦〜/時間:
カメラマン(俳優のヘッドショットなど)、結婚立会人、フィットモデル、パーツモデル、ファッションモデル、広告モデル、など。

成功報酬、チップ、その他:
ストリートパフォーマー、ストリートミュージシャン、ライター、ブロガー、買い付け、ネットワークビジネス、「ねずみ講」、など。

「演技の仕事」のオーディションは急に知らされることが多いので、「副業」は時間の融通がきくものが人気です。上のリストはほんの一例です。

書いておいてなんですが、時給はあくまでも目安として考えてくださいね(※)。

時給が高いグループに分けた「副業」ほど、単発だったり従事する時間が短かったりします。例えばモデルの仕事は、撮影時の時給は高いものの、落ちたものも含めオーディションにかかるすべての時間を入れて換算するとその額はがくんと低くなります。仕事の回数も保証されていません。一方、レストランやバーは時給こそ低めですが、高級店や流行のお店になるとチップだけで1日200~300ドル稼げるなんて話も聞きますし、継続的な仕事が約束されています。

この他にも、バックグラウンド(エキストラ)出演、業界内ビデオやCMへの出演を「副業」にしている俳優はたくさんいるようです。

エキストラは、「16時間を超える拘束は、超過1時間ごとに1日分の撮影料を追加でもらえる」「必要な食事や休憩をおろそかにした制作側には罰金をチャージできる」などといった俳優の労働組合の規定が適用されるものも数多くあり、あわよくばそれだけで生計を立てられるくらい労働環境が整っています。CMは、使用料や印税を味方につけることができれば、かなり条件の良い仕事になります。

☆☆☆

いかがでしたでしょうか。ニューヨークは「サラダボウル」の異名を持つ多様性の街ですから、副業のバラエティだって豊富です。

ニューヨークにやってきた本来の目的に専念するためにも、経済面の心労が足手まといになっては困りますね。こちらでの滞在をお考えの方は、持ち前の才能、体力、知識、技術、ネットワークを生かしたぴったりの「副業」を探してみるのが、サバイバルの鍵になるかもしれません。

ちなみにわたし自身は、とあるお宅の黒ずんだ高級銀食器をひたすら磨いてピカピカにする仕事をしたことがあります。ニューヨークでこんな面白い「副業」やったよー、という方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいね。

HP  Big Dog Walker iphoto

忙しい飼い主に代わって、犬の散歩を請け負うドッグウォーカー。
料金は1匹30分で15㌦ほど。数匹連れて歩くと、1回分でけっこうよいお金になるそうです。


※)職種別の就活情報サイト、最大手のオンライン掲示板「Craigslist」の求人コーナー、日系の地元新聞やオンライン掲示板の求人コーナー、それぞれの組合の最低または平均賃金、そして友人の経験談などから独自に算出しました。チップは計算に入れていません。

注)ニューヨークにいる日本人俳優は、学生ビザ(F-1)、OPT、アーティストビザ(O-1)のどれかをお持ちの方が多いと想像します。ご存知の方も多いと思いますが、学生ビザは一部の例外を除いて一切の労働を許可していませんし、アーティストビザも申請時のビザカテゴリー以外での労働は基本的に許可していませんので、注意が必要です。詳しくは移民弁護士さんにお尋ねください。

(この記事は2015年2月26日の「The Huffington Post」に転載されました)

広告