英語学習おすすめ参考書、2014まとめ

今年も残すところあと2日!というわけで、この1年にわたしの英語に多大な貢献をしてくれた参考書を2冊ご紹介して、2014年の締めくくりとしたいと思います。

おすすめ英語参考書「一億人の英文法」と、「英語の発音パーフェクト学習辞典」です。

「一億人の〜」(写真右)は、学校で習う読み書きの英語を超えて、ネイティブが話す生の英語の感覚が身に付く画期的な文法書です。

解説の語り口は口語風ライトタッチで、ネイティブスピーカー目線が新鮮です。英語レベルの上下に関係なく参考にできる本だと思います。

「英語の発音〜」(写真左)は、英語を話すために必要な舌&口&アゴ周りの「英語筋」を正しく鍛えるのにとてもよい参考書です。

英文のリズムや強弱、繋げて読むと落ちる音やつながる音や変化する音など、カタカナ英語に慣れてしまうと陥りがちな弱点克服のためのポイントを丁寧に解説してくれます。

この参考書の例文を読み上げるCDの音声を聴き、それを真似して読んだ自分の声を録音して聴き比べる、という学習法がわたしには効果ありでした。ふたつが限りなく近くなるまで何度も何度も録音を繰り返し、耳と英語筋を同時にトレーニングします。

以前の投稿でご紹介した「American Accent Training」と合わせてやるとよりよいと思われます。

以上。


今年も気まマホ日記をご愛読くださりどうもありがとうございました。読んでくださる方がいるという事実がどれほど大きなモチベーションになってくれていることか。

みなさまも、みなさまのご家族やご友人も、しっかり栄養をとって暖かくして、どうぞ素敵な年末年始をお過ごしください。2015年もまた元気にお会いできるのを楽しみにしています。

エクセルで経費を申告中

「2015年もはりきって更新するのでよろしくね!」

あ、そうそう。すっかり気まマホ日記常連になったニコリーノの写真を何枚か選んでアルバムにしてみました。よろしければページの右下をのぞいていってくださいね。ではでは、

all our best new year wishes to you and your loved ones…

広告