暮らすように旅をしよう!「airbnb」で現地の人からお部屋を借りる

最後に番外編で、今回のパリで滞在した宿について紹介します。

撮影終了後はホテルを出ることになっていたので、気ままひとり旅を敢行すべく市内で宿を探しました。

が。しかし。

パリのホテルって高いんですよ。すたーゔぃんぐあーてぃすとの予算に納まるところなんてない。うん、ないです。ないない。

そこで頼りになるのが、サンフランシスコのひとり旅でも利用したairbnb(エアービーアンドビー)。ご存知の方も多いと思いますが、はて、190カ国、34,000+都市で利用されるえあーびーあんどびーとは何ぞや。

→旅先で現地の人のお部屋を借りることができる、旅行者用のサービスです!

空き部屋を貸したい「ホスト」と、安く泊まりたい・暮らすように旅行したい・現地の人と友達になりたい「ゲスト」を繋ぐ素晴らしい試み。ホテル代の高いパリやニューヨークなどの大都市に滞在する際には特におすすめです。

使い方は簡単。まずウェブサイト(https://www.airbnb.com)に行き、旅行先の地名を入力します。すると、宿泊可能なお部屋がどどーっとリストで出てくるので、場所、宿泊人数、日程、予算などの希望に合わせて条件を絞り込んでいきます。そこに滞在した旅行者からのレビュー(口コミ)が詳しく載っているのでぜひ参考にしましょう。

ひとり旅に最適のスタジオアパートから、ホームステイ式シェア、民宿ホテル風、複数で泊まれるタウンハウスや一軒家まるごと、さらには、お城!?というゴージャスな施設まで、ホスト別に色々なお部屋がリスティングされています。周りにも利用者が多く、新築の2BRアパートを丸ごと借りて家族みんなで過ごした人、はたまたリビングのソファー素泊まり15㌦なんていうのを女ひとりで実行した強者もいました。

わたしは今回2カ所をお借りしました。ひとつは個室でホストのカップルとルームシェア、もうひとつはホストのアパートをサブレット。場所はどちらもバスティーユ/リヨン駅の近くです。リヨン駅からは、南仏へ行くときに使ったTGV(ヨーロッパの新幹線)も、CDG空港直行のバスも出ていて便利でした。

parisapt1パリのお部屋1。親切なホストとルームシェア体験。

parisapt2パリのお部屋2。センスがよいスタジオアパートで完全ひとり暮らし体験。

airbnbをゲストとして利用する際の心得は、コミュニケーションをしっかりとることだと思います。気になる点はできるだけ予約前に問い合わせをする(ここの対応でホストの人柄も少しわかります)、また、ホストの多くは他に仕事や生活がある現地の人たちなので、チェックイン&チェックアウトの時間を事前にしっかり伝えておく、などは必要かと。初めて訪れる外国の地だと、鍵が開かない、使い勝手がわからない等のトラブルの際に連絡がままならないと困るので、サブレットではなく、ホストが一緒に、またはすぐ近くに住んでいる家の方が安心かもしれません。

@elevator←@エレベーター。パリはウォークアップが多いので、エレベーターがあるかどうかもチェック項目にするとよい。
(…Don’t judge me for selfie-ing! )

滞在後はお部屋のレビューを残してみましょう。このレビューがよくできていて、誰でも見られる一般向けのレビューと、ホストだけに向けた非公開のレビューと、airbnbの事務局へこっそり送るレビューと、3種類あります。airbnbのサービスはこのレビューに基づいた信頼の元に成り立っていると言えます。

ちなみに、ホストもゲストに対してレビューを残します。一方からのレビューは、もう片方がレビューを残すか、レビューできる期限が切れるまで見ることができません。なので、悪口を書かれたから悪口を書き返す!ということができない。へー、です。

万が一何か問題があれば、サイトに報告できるしくみになっています。

日本語版はこちら。http://blog.airbnb.com/j/

ではでは、Bon Voyage!!

Bastilleバスティーユ広場、快晴!

広告