ヘッドショットとフォトショップ修正

新しいヘッドショットを撮りました。Maho Honda 01 Maho Honda 02

 Douglas Park (http://douglaspark.foliohd.com)

どうでしょう…?

ヘッドショット(Headshot)とは、俳優がオーディションを受けるときに必要なプロフィール用の写真で、文字通り顔がアップで写っているもののことです。俳優が自分で持っているセルフイメージと、客観的なイメージの差が露骨に出てしまう…という恐ろしい写真です。

オーディションで審査する側になった経験もふまえてですが、ヘッドショットはプロフェッショナル写真というよりは証明写真の要素が強いので、メイクが濃かったりごりごりにフォトショップ修正が入っている写真はあまり好まれません。まぁ、ジャンルによりますが。また、パーソナリティが伝わるもののほうがいいので、ファッションやビューティーといったモデルの仕事からの写真はほとんど使えません。さらに、実際の年齢にふさわしい写真であるように、定期的に撮り直すのが理想です。

今回はカメラマン Doug のおかげでナチュラルに撮れたと思うので、しばらくはこの写真を基本のヘッドショットにしようと思います。もっと増やす場合は、わたしがキャスティングに呼ばれそうなキャラクターのイメージで撮りたい。女医とか、教師とか、弁護士とか、固い感じもぜひ!

ところで、Doug と話して改めて思ったのですが、血豆をも消し去る今のフォトショップ修正技術はすごいです。肌荒れや目の赤みの除去から、輪郭や足の長さの調節まで、不可能なことはない。

今回はヘッドショット用なのであんまりパッとしませんが、ビフォーアフターでその技を少しお見せします。

問) 以下が修正前の写真です。違いはどこでしょう?(「More/続きを読む」をクリックしてね↓)

 

MH 03

MH 02答1)上の写真。背景、おでこの髪の毛、左眉毛の隙間、脇のシワ、洋服のシワ。

答2)下の写真。前髪、おでこの髪の毛、脇のシワ。

わかったかな?

広告