勉強の友「受験脳の作り方」

教壇に立つわが弟が教えてくれた本。

DSCN9967

「受験脳の作り方」
〜脳科学で考える効率的学習法〜

脳科学研究者の池谷裕二さんによって書かれた勉強アドバイス本。脳の特性から導きだした、モチベーションが続くような勉強の工夫が満載だ。

“この本を「絶対的真理を既述した本」としてではなく、「記憶を専門に研究する池谷裕二が『自分ならこう勉強する』と提案する本」であるととらえていただきたいと考えています。”(前書きより)

客観的な情報(脳科学の知識)と主観的な情報(池谷さんの考える効果的な勉強法)をどちらも与えてくれるので、そっくりそのまま真似っこするもよし、自分なりに応用するもよし、ただ「へー」と面白く読むもよし。

成功者の視点で書かれたテクニック本の類いとは異なり、きちんと時間をかけて理屈から理解できるように書かれた勉強のコツの数々は、読者(&の脳)を信頼したうえでの誠実で謙虚な応援メッセージに溢れているように感じる。学習効果があがらなくて焦ってしまうとき、自分の頭の悪さに心が折れそうなときに読もうと思う。コツコツと目標に向けて頑張る大切な人に贈ってあげたい素晴らしい本。

著者の池谷さんは、中高生向けの授業をしたり(「進化しすぎた脳」—ブルーバックス)、コピーライターの糸井重里さんと対談したり(「海馬」—新潮文庫)、研究職の枠を超えて、脳科学の知識を通して人と交流する機会を積極的に設けておられる。それと関係するのか、この本にも専門風を吹かせた気難しい部分は一切なく、読者が興味を持てるような言葉を用いて丁寧に綴られている。ちなみに、覚えたことを誰かにアウトプットするのは、「経験記憶」の最も効果的な作り方のひとつだそうな!ご本人が実践&証明済みってことか。

「受験脳の作り方」をきっかけに彼の著作を4冊ほど読ませていただいたが、自分の固定観念や世の中の抽象的な概念も脳がつくっていたんだ!という発見から疑問や仮説がたくさんでてくるし、なんだか生きる希望が沸いてくるから不思議だ。

ささ、わたしもさっそくこの本を毎日の英語学習に生かそう。ありがと、弟よ。

参考:Amazon.jp「受験脳の作り方」新潮文庫

広告