ドレスコード : 1920〜60年代

地下鉄パーティー(詳しくは、関連記事参照)のドレスコードは、電車が実際に走っていた1920~60年代でした。

マリアとわたしはこんな感じでタイムスリップ。maria&I

マリアは普段からヴィンテージのお洋服が大好きで、いつも素敵な格好をしています。この日も頭のてっぺんから足の先まで完璧。わたしは4年前パリを旅したときに古着屋で買ったコートとバッグで。

イベントのfacebookページから、他の方のファッションも覗いてみましょう。(以下4枚)

great3great4great2great1アンティークでクラシックでハイカラにヴィンテージなレトロがいっぱい(使い分けができません)。

マリアと車掌さん。

direction馴染みすぎてて道を聞きたくなっちゃう車掌さんも、もちろん一般の参加者。マリアのこのバッグは、もとは帽子ケースだそうです。

赤がすてき。great5

「眠らぬ街 New York!」vintage kiss当時のニューヨーカーは、どういうデートをしたんだろう。

お友達グループにもばったり会いました。妊婦ですが気合い入ってます。

friends2

ニューヨークのファッション事情は、古き良きものも根強く人気です。

毎週行われるアンティークのフリマや、ヴィンテージの一点モノを求めて人々が一斉に押し寄せる年1回の「Manhattan VIntage Clothing Show」というイベントも大盛況ですし、青空ダンスパーティーや自転車レースなど、ヴィンテージ好きさんが思いっきりドレスアップできる機会も探せばたくさんあります。

今回のイベントには、アメリカンビンテージばっかりかと思いきや、お着物を着て大正ロマンな日本人の方もいました。竹久夢二の世界がここに!!

…と、レトロ一色で統一された中に、時期的にサンタやトナカイの方、さらにコスプレのノリで初音ミクな方も混ざっていました。

Maria&I2マリア、誘ってくれてありがとー

※ パーティーは終わったけれど、今年のレトロ車両の運行は11/25〜12/22までの毎日曜日に行われているので、興味のある方はぜひ!2AvとQUeensPlaza間のMラインを走ります。詳しいダイヤはこちらから。

広告