ニューヨーク・コミコンな週末

木曜から日曜日まで、世界中のオタクがあつまる「New York Comic Con (通称コミコン)」が開催されています。http://www.newyorkcomiccon.com/Home/

DSCN0111

ぐぐぐっと寒くなって秋が深まった感じのNYだけど、この週末はとても暖かかった。なので、半裸の人もたくさん。DSCN9722-1DSCN9708-1IMG_20131012_175935最後の方、一瞬どきっとしますね。

その他、マリオとか孫悟空などの一発でわかるキャラクター(日本産多し)のコスプレから、大海原とか自然とか壮大な規模のコスプレ、さらに、概念をコスチューム化している方…と、とにかく工夫を凝らした衣装の方たちがたくさんいました。

さて、目的地に行く前に、楽しみにしていた「初音ミク」のパネルセッションも聴きにいきました。

Japan Foundation(国際交流基金) プレゼンツです。初音ミクをはじめ、アニメ/オタクコンテンツは、立派に国際交流の架け橋の役目をしていると政府からも太鼓判なのですね。DSCN9718

(左から、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社の社長さんで、ミクちゃんの生みの親である伊藤博之さんと、Japan Foundationの大平幸宏さん)

初音ミク(wiki: 初音ミク)は、「ボーカロイド(ヤマハが開発した合成音声技術とその応用製品の総称。wikiより)」に親しみを持ってもらうためにつくられた女性キャラクターで、このソフトを使ってコンピューターで作成したメロディや歌詞を歌ってくれます。「miku chan」という相性でアメリカでも大人気ということはさすがにわたしでも知っていました。DSCN9720

…が。予想以上。お話をきいていると、ブームは本当にものすごいらしいです。

ミクちゃんは、音楽業界のみならず、食料品界(ファミマなど)、アート界(森美術館の展示など)、ファッション界(デザイン by マークジェイコブスで、メイド by ルイ・ヴィトンのお洋服をお召しだそうな!!)、その他諸々の分野でミク旋風を巻き起こして、大成功させているらしいのです。

すごいなー。キャラクターの商品化といえばとりあえずソーセージの時代は終わったんだなー。

ライブの映像が流れると、ファンのみなさん熱狂していました。ミクちゃんは、みんなのアイドルです。みんなに新たなクリエイティビティ発揮の場を提供してくれた上に、歳とらない、激やせ/激太りしない、妊娠/留学/スキャンダル/事故で戦線離脱したりしない、最強のアイドル。

ではでは、ここらで目的地へ向かいましょう。(つづく)

広告