落ちても落ちても…めげるな!労働階級の俳優たちのオーディション模様

先日、俳優連盟主催の「SHOWING UP ~ A conversation about the audition」というセミナーを受けてきた。

俳優へのインタビューをまとめた90分ほどのドキュメンタリー映画が上演され、その後はパネルディスカッションという流れ。

これが盛り上がったのなんのって。

公式HP:http://www.showingupmovie.com

「Showing up」という題名からして、「オーディションにとにかく顔を出すことの大切さ」についての講義がされるのかな〜と思ったら、

ところがどっこい。

まず、ドキュメンタリーは、赤っ恥体験、失敗談、独自の成功セオリーなどといった、俳優たちの個人的なエピソードの宝庫。「オーディションに行きなさい。」と有名キャスティングディレクターなどのお偉いさんに上から教えてもらうよりも、よっぽどやる気を出すのに効果的だったと思う。

「自分だけじゃなかったんだ!」「それわかる!!」と思わず叫びそうな(叫んでたな)あるあるネタが盛りだくさんで、会場は一丸となって大爆笑。続くパネルディスカッションでも、出演者や監督の正直なエピソードが披露され、「うんうんうんうん」と館内総赤べこ状態。さらに最後の質疑応答では、個人的な質問がひっきりなしに続いた。

さすが、オーディエンスはほとんど俳優だから、食いつきがいいわけだ。

その中で、プロデューサー/ディレクターのJames Morrisonさんが、

「地道にオーディションを受けて頑張っている”ワーキングクラス(労働階級)”の俳優たちに捧げるドキュメンタリーです。」

と言ったのが印象的だった。

そうだよ!

落ちても落ちても、また落ちても、ふり落とされても、ちぎり落とされても…(続く)

やっと受かった!と思ったらほぼエキストラ同然の扱いでも、

ついに撮影完了!と思ったら自分の出演シーンが知らない間にカットされても、

雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ、ブリのごとくイノシシのごとく、ひたすら前へ前へと突進するのがワーキングクラス俳優なのだ!!

人気俳優やセレブ俳優がフォーカスされるドキュメンタリーは注目を浴びやすい。しかし、あえて、 ”人々に知られていないけど俳優業で生活している俳優たち”を中心にした本作は、観終わった後、友達とビール片手に熱く話し込んだかのような爽快感があった。

俳優ではない方でも、有名でもセレブでもない俳優たちがどうやってサバイバルしているのかに少しでもご関心があれば、十分に楽しめると思う。

トレイラーはこちら。

「Showing Up Movie」は現在、上映させてくれる会場をお探しのようだ。トークバックやパネルディスカッションも合わせて、演劇スタジオなどで開催したら喜ばれそう。

ご興味がありましたら、彼らの公式HPからお問い合わせください。

★★★★★

さて、オーディションの反対側、つまり選ぶ側からの話題ですが、日本向けのウェブドラマ「2nd アべニュー」の追加オーディションを、先週水曜日にまたまた行いました。

今回はイケメン祭りだった。わっしょーい!!

そういえば、「Showing Up」セミナーのディスカッションでも、「手伝いでも何でもいいから、とにかくオーディションをキャスティング側から見る機会を積極的につくってみて!すごく勉強になるから!」と力説していたけど、このアドバイスはごもっともだと思う。今回も本当にためになったし、モチベーションがますます上がった。

貴重な時間と労力を裂いて準備してきてくださった俳優のみなさま、才能あふれる俳優を紹介してくださったみなさま、関係者のみなさま、どうもありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

広告