ホームシックに塩麹

DSCN1110塩麹。

ニューヨークでも人気です。

わたしの塩麹も、初めてつくった去年の冬から菌たちを引き継ぎ、もう4代目です。

魚や豆腐を漬けるもよし。スープ、炒め物、卵焼き、納豆に入れてよし。さらに手を抜きたいときに、ご飯(またはソバ)に塩麹とネギとノリと七味とごまを混ぜるだけ…というのでも、こやつはやりよるのですよ。

あ。麹も米なので、米で米を食べていることになりますね。

塩麹の元となる乾燥麹は、サンライズマートなどの日本食スーパーで売っています。材料が麹と塩と水だけなので、塩を天然塩にグレードアップすると味が変わります。

麹と、その1/3くらいの分量の塩を入れ、水をひたひたに被るくらいに入れ、1日1回かき混ぜて(素手じゃなくてOK)、10日くらいで完成。水を吸ってしまったらその都度足して調整します。

代変わりのときには、先代の塩麹をちょっとだけ足してスターターにし、新弟子を導いてもらいます。

海外にいながら、何にでも簡単に日本食の”旨味”をプラスできるのがうれしい。胃袋はホームシックにかかりやすいので。

広告