小顔ローラー、リファ

渡米する前に日本で受けていた某大手芸能事務所管轄の芸能レッスンでは、お友達をほとんどつくれなかった。雰囲気が緊張するし家も遠かったので、毎回直帰していたからだ。葵とは、そんなレッスンの中で出会った。いつもその人懐っこい笑顔で話しかけてくれて、日本を離れた今でも友達でいてくれる貴重な存在だ。

その葵が、ニューヨークに遊びにきたのは半年前。一緒にうちに帰ってきて、パジャマでくだらなすぎる話などしているときに、彼女がさかんにコロコロやっていたのがこのシロモノである。

ねぇ葵、そのキラキラしたのは何?

葵「美顔ローラーです。全身に使えるんですよ。(キラースマイル)」

さっそく使わせてもらう。なんだこのぴたっと吸い付く感じは!

葵「ちょっと高かったんですけど、思い切って買っちゃいました。(キラースマイル)」

ま「高いって…、2000円くらい?」

葵「いや、20000円ちょっとです…。(キラースマイル)」

ま「…」

葵「でも、まほさん、なんか、イオンとか、でてるらしいんで…(キラースマイル)」

これ。

あんまり物事を値段だけではかりたくないけど、2万ちょっとてあーた!ディムサムがふたりで100回 以上食べられる…。(訂正。10回以上でしたね。)

人前に出る職業の方たちの間だけでなく、日本ではけっこう売れているんですね。ニューヨークにも進出しているよう。でも、ニューヨーク価格はおどろきもものきの350ドル。でででデムサムが…(計算省略)

葵のキラースマイルのおかげで、日本に置いてきた感があった女子力が、ちょっと復活しました。

ほ・し・い♥

そんな恋煩いもつかのま、なんと!

新しいバージョンを買いたいという葵のお古を回してもらうことになりました。

新しいバージョンは、ちょっと形がひわい。こんなストラップいらない。

というわけで、先日の日本一時帰国の際に、晴れてお古をちょうだいした。

最初はぐりぐりしすぎて太ももにアザができる始末だったけれど、とにかく気持ちがいい。とくに首筋と肩。ついでに母上や弟にもコロコロして遊んでみると、怪訝ながらもまあまあ好評。意外なことに、アボカドやテフロン加工フライパンなどのNEWなメンツに保守的な姿勢を貫く父までも、なにかを感じ取ったらしく自発的にコロコロしていた。

 ↓目撃!3万円相当のプラチナで内モモをコロコロする、風呂上がりの父。
(写真自粛。じゃなくて見つからんかった)

これからも気長に愛用していこうっと。

広告