Wine & Food Festival

雲ひとつない青空が気持ちのよい週末。ミートパッキングの端でやっていた食のイベントたるものにいってきました。

New York City Wine and Food Festival by Corcoran
なんでも、カリスマシェフが目の前でデモンストレーションしてくれるとか、有名なレストランが参加してるとかで、どでかい会場は大盛況でした。ここはクラブか?と思うほど。猫も杓子もクビからワイングラスをぶら下げて、縦横無尽に徘徊していました。

どこのブースでも並々と注いでくれるワイン、わいん!!そして次々とキッチンから繰り出されるフィンガーフードの嵐!!!サングラスをかけて入ったわたしは、せまりくる湯気で前がみえません。

スローガンの、Eat, Drinkはいいけど、End Hungerについては、乱れ飛ぶ使い捨てカトラリー&お皿&食べ残しの山を見る限りは、もっと努力が必要かと。

いろいろつまんだけど、一番印象に残ったのは、すごく香りの良いオリーブオイルと赤茶色の塩をかけたバニラアイスクリーム。味のバランス加減が絶妙で、3回もお変わりにいってしまった。これ、自分でもやってみよう。目はまだまだ食べたがっているけど、こういうときって案外たくさん食べられないものですね。

このイベントは来年もやるようです。たまにはこういう風にバブリーに飲んで食べる雰囲気もいいね。とくにデパ地下の試食好きなそこのあなた!ならばきっと楽しめると思います。

わたしはご飯のことしか覚えてないけど、連れは、”(サーブする側に)かわいい子がいっぱい…。シングル(※)のシーンだね”などと言っておりました。

※紛らわしいのですが、「シングル(Single)」は日本語の独身という意味とはちょっと違って、恋人もいない状態を指します(言うときは、ほのかに恋人募集中という響きを含む、ような気がする)。

関係者の友達Vが、建物の裏に連れてってくれてほっとひと息。中のすごい喧噪とはうらはらに、外観はとても静かで趣がありました。このいかにもアンティークな感じ、映画や写真撮影にもってこい。西の川沿いにはこういう巨大な倉庫のような建物が多いですね。

広告